お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, ASJ-H
(共催)
2023-09-01
11:20
宮城 東北学院大学五橋キャンパス [招待講演]逆相音波の放射により音漏れを最小限に抑えるオープンイヤー型イヤホンの開発と音響XRのサービス実現に向けて
加古達也NTTEA2023-27
テレワークやWEB会議の普及,プライベートな時間・空間を大切にしたいというニーズの高まりを受け,「聴きたい音」のみを届け... [more] EA2023-27
pp.53-60
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介]強化段ボールをエンクロージャ素材に用いたスピーカの音響特性
磯山拓都森 幸男サレジオ高専)・喜山嘉明 SP2014-38
音を楽しむ“ 音楽”をより楽しくするために“ 自作スピーカ”を製作し,楽しむ人々がいる.一般に,自
作スピーカの製作で... [more]
SP2014-38
pp.367-370
EA 2012-06-08
11:25
静岡 (株)ヤマハ Swept-Sine信号を用いたスピーカの動的歪み測定法
佐々木 徹高田寛太郎中島平太郎ビフレステックEA2012-37
スピーカの歪みを評価するため、Swept-Sine信号を用いて動的歪みを観測する手法について検討した。従来の動的歪み測定... [more] EA2012-37
pp.25-30
EA 2010-11-18
15:45
福岡 九州大学 板の振動のモード解析と生成音場シミュレーション ~ 自由音場と矩形室内音場に関して ~
園木朗弘九大)・佐藤慎也九大/日東紡音響エンジニアリング)・河原一彦尾本 章九大EA2010-89
分布振動モード形スピーカ(Distributed Mode Loudspeaker:DML)の放射特性には拡散的な性質が... [more] EA2010-89
pp.31-36
EA 2007-03-16
14:00
東京 機械振興会館(東京) 超小型スピーカの評価法の研究
菅原貴史今岡啓一吉田 力大賀寿郎芝浦工大
現在のスピーカユニットの評価法はIEC6028-5で定められており、平板バフルや密閉箱を用いて評価を行っている。しかしい... [more] EA2006-115
pp.35-39
EA 2005-03-14
14:00
東京 機械振興会館 吸音材を満たした密閉型スピーカキャビネットの考察
阪本楢次藤原哲郎クリエ
密閉型スピーカキャビネット内を粘弾性体で満たすことにより、密閉空間の体積弾性率を空気の体積弾性率以下に出来ることを理論的... [more] EA2004-141
pp.29-34
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会