お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-09-01 11:20
[招待講演]逆相音波の放射により音漏れを最小限に抑えるオープンイヤー型イヤホンの開発と音響XRのサービス実現に向けて
加古達也NTTEA2023-27
抄録 (和) テレワークやWEB会議の普及,プライベートな時間・空間を大切にしたいというニーズの高まりを受け,「聴きたい音」のみを届け,「聴かれたくない音,聴きたくない音」を届けないようにする究極のプライベート音響空間の構築を目指している.
その一環として,ごく小さな空間に音を留める新たなイヤホンを研究開発し,この技術を用いてNTT初の音響事業を行うNTTソノリティより2022年11月にオープンイヤー型イヤホンの販売を開始した.このオープンイヤー型イヤホンによって耳に差し込まないオープンイヤー型でありながら音漏れを最小限に抑えて快適に自分だけの音響空間を楽しみながらも周囲の人とコミュニケーションをとることが可能となった.さらにこのオープンイヤー型イヤホンを利用し,リアル空間の音とバーチャル空間の音が違和感なく融合する音響XRの研究開発をすすめ,この技術を利用したイベントでの実証実験や,視覚障がい者向けの支援など,様々なサービスへの波及を目指し研究を進めている. 
(英) In response to the spread of telework and web conferencing, and the growing need to value private time and space, the company aims to create the ultimate private acoustic space that delivers only the "sounds you want to hear" and prevents the delivery of "sounds you do not want to hear or do not want to hear".
As part of this effort, NTT has researched and developed new earphones that hold sound in a very small space, and in November 2022, NTT Sonority, NTT's first acoustic business, began selling open-ear earphones using this technology. These open-ear earphones, which are not inserted into the ear, minimize sound leakage and enable users to comfortably enjoy their own acoustic space while communicating with those around them. Furthermore, using these open-ear earphones, research and development of acoustic XR, in which sounds in real space and virtual space are merged without discomfort, is being promoted.
キーワード (和) 近傍再生 / エンクロージャ / オープンイヤー / 立体音響 / XR / AR / /  
(英) Near-field sound reproduction / Speaker enclosure / Open-ear earphones / Spatial audio / XR / AR / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 170, EA2023-27, pp. 53-60, 2023年8月.
資料番号 EA2023-27 
発行日 2023-08-24 (EA) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2023-27

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2023-08-31 - 2023-09-01 
開催地(和) 東北学院大学五橋キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2023-08-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 逆相音波の放射により音漏れを最小限に抑えるオープンイヤー型イヤホンの開発と音響XRのサービス実現に向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of open-ear earphones that minimize sound leakage by opposite-phase sound waves and realization of Acoustic XR service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近傍再生 / Near-field sound reproduction  
キーワード(2)(和/英) エンクロージャ / Speaker enclosure  
キーワード(3)(和/英) オープンイヤー / Open-ear earphones  
キーワード(4)(和/英) 立体音響 / Spatial audio  
キーワード(5)(和/英) XR / XR  
キーワード(6)(和/英) AR / AR  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加古 達也 / Tatsuya Kako / カコ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-09-01 11:20:00 
発表時間 60分 
申込先研究会 EA 
資料番号 EA2023-27 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.170 
ページ範囲 pp.53-60 
ページ数
発行日 2023-08-24 (EA) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会