お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-07 09:30
準天頂衛星を用いた地殻変位検知システム用地球局アンテナの設計
浦崎修治広島工大)・樋口 学富士通サポートアンドサービス)・大島正資岡村 敦三菱電機SAT2006-13
抄録 (和) 地球局からリトロディレクテイブアンテナを搭載した2個の準天頂衛星へ向けて
電波を送信し、このリトロディレクテイブアンテナにより送り返された受信波を地球局の設備内で干渉させることにより、地球局が設置されている地殻の変位を観測するシステムにおいて、回線設計を行った.この回線設計の結果から地球局アンテナとして2ビーム球面鏡アンテナを設計している. 
(英) In observation system of crustal movement at the area of an earth station using two quasi-zenith satellites which have retro-directive antenna on board, the crustal movement is obtained by interfering with two singnals from retro-directive antennas which transmit the receiving waves from the earth station antenna . From the link budget of this system,for the earth station anntenna we design the spherical reflector anntenna having two anntena beams .
キーワード (和) 超長基線電波干渉計 / 準天頂衛星 / 地球局アンテナ / 球面鏡アンテナ / / / /  
(英) VLBI / uasi-zenith satellites / earth station antenna / spherical reflector antenna / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 141, SAT2006-13, pp. 1-6, 2006年7月.
資料番号 SAT2006-13 
発行日 2006-06-30 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2006-13

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-07-06 - 2006-07-07 
開催地(和) 広島工大 
開催地(英) Hiroshima Institute of Technology 
テーマ(和) 衛星通信,アンテナ伝播,一般 
テーマ(英) Satellite Communications, Antennas and Progation, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2006-07-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 準天頂衛星を用いた地殻変位検知システム用地球局アンテナの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Earth Station Antennas for Crustal Movement Observation System Using Quasi-Zenith Satellites 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超長基線電波干渉計 / VLBI  
キーワード(2)(和/英) 準天頂衛星 / uasi-zenith satellites  
キーワード(3)(和/英) 地球局アンテナ / earth station antenna  
キーワード(4)(和/英) 球面鏡アンテナ / spherical reflector antenna  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦崎 修治 / Shuji Urasaki / ウラサキ シュウジ
第1著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: Hiroshima Institute of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 学 / Manabu Higuchi / ヒグチ マナブ
第2著者 所属(和/英) 富士通サポートアンドサービス株式会社 (略称: 富士通サポートアンドサービス)
FUJITSU SUPPORT AND SERVICE INC. (略称: FUJITSU SUPPORT AND SERVICE INC.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 正資 / Tadashi Oshima / オオシマ タダシ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corp. (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 敦 / Atsushi Okamura / オカムラ アツシ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corp. (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2006-07-07 09:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SAT 
資料番号 SAT2006-13 
巻番号(vol) vol.106 
号番号(no) no.141 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2006-06-30 (SAT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会