お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 安藤 真
副委員長 堀 俊和
幹事 宮下 裕章, 山田 寛喜
幹事補佐 榊原 久二男

衛星通信研究会(SAT) [schedule] [select]
専門委員長 田中 正人
副委員長 梅比良 正弘, 篠永 英之
幹事 木村 和宏, 小林 聖

日時 2006年 7月 6日(木) 10:00 - 17:15
2006年 7月 7日(金) 09:30 - 15:40
議題 衛星通信,アンテナ伝播,一般 
会場名 広島工業大学 付属図書館3F視聴覚室 
住所 〒731-5193 広島市佐伯区三宅2-1-1
交通案内 (1)広島バスセンターからバスで約40分,(2)広島駅から五日市駅までJRで約15分, 五日市駅からバスで約15分
http://www.it-hiroshima.ac.jp/00root/pop_map.html
会場世話人
連絡先
電気・ディジタルシステム工学科 浦崎修治
082-921-4374
他の共催 ◆IEEE AP-S Japan Chapter (Chair 宇野 亨), URSI-F会合(URSI国内委員会 井原俊夫(F分科担当))共催
お知らせ ◎初日の研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

7月6日(木) 午前  AP
座長: 常川 光一(中部大)
10:00 - 11:40
(1)
A・P
10:00-10:25 近傍界測定データを用いた液体中におけるアンテナ利得の決定 AP2006-39 石井 望新潟大/NICT)・赤川拓平新潟大)・佐藤賢一NTT-AT)・浜田リラ渡辺聡一NICT
(2)
A・P
10:25-10:50 グリセリンファントムのスケールモデル化に関する基礎的検討 AP2006-40 宮田明良横田悠一山本志緒前田忠彦立命館大
(3)
A・P
10:50-11:15 人体のスケールモデルファントムを用いた放射指向性測定の実験 AP2006-41 中村 渉山本志緒前田忠彦立命館大
(4)
A・P
11:15-11:40 スケールモデルを用いた自動車内電界分布の評価 AP2006-42 堀内 学山田邦彦田中信吾オプトウェーブ研)・山田吉英防衛大)・道下尚文カリフォルニア大)・戸羽辰夫矢崎総業
7月6日(木) 午後  AP
座長: 石井 望(新潟大)
13:00 - 14:25
(5)
A・P
13:00-13:25 損失性媒質におけるFDTD法の固定小数点演算 AP2006-43 山口 良鈴木秀俊高儀雄太上林真司NTTドコモ
(6)
A・P
13:25-13:50 反射板付きUWBプリントダイポールアンテナの基礎的検討 AP2006-44 飴谷充隆山本 学野島俊雄北大)・伊藤精彦苫小牧高専
(7)
A・P
13:50-14:15 プリントダイポールアレー付EBG共振器アンテナの設計 AP2006-45 村上仁康佐藤弘康澤谷邦男東北大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
7月6日(木) 午後  AP
座長: 山田寛喜(新潟大)
14:25 - 16:15
(8)
A・P
14:25-14:50 可動誘電体板を装荷したビーム走査コムラインアンテナ AP2006-46 北谷和弘寺田貴彦岡村康行阪大
(9)
A・P
14:50-15:15 1導波管-2マイクロストリップライン変換器給電K帯平面アレ-アンテナの設計 AP2006-47 瀬尾和之ユピテル)・呉 迪南京郵電大)・榊原久二男菊間信良名工大)・稲垣直樹南山大
(10)
A・P
15:15-15:40 広帯域多モードホーンの同軸キャビティ装荷による小型化 AP2006-48 出口博之辻 幹男渡辺浩章同志社大
(11)
A・P
15:40-16:05 3重球面鏡アンテナの反射鏡設計法 AP2006-49 浦崎修治広島工大)・稲沢良夫米田尚史三菱電機
  16:05-16:15 休憩 ( 10分 )
7月6日(木) 午後  IEEE AP-S
16:15 - 17:15
(12)
共通
16:15-17:15 [特別講演](IEEE AP-S Japan Chapter主催)鉄塔サージインピーダンス(口頭発表) 奥村浩士広島工大
7月7日(金) 午前  SAT
09:30 - 12:00
(13)
SAT
09:30-09:55 準天頂衛星を用いた地殻変位検知システム用地球局アンテナの設計 SAT2006-13 浦崎修治広島工大)・樋口 学富士通サポートアンドサービス)・大島正資岡村 敦三菱電機
(14)
SAT
09:55-10:20 準天頂衛星利用高精度測位実験システム時刻管理系での通信系設計 SAT2006-14 高橋靖宏雨谷 純木村和宏藤枝美穂浜 真一NICT)・沢辺幹夫岸本統久JAXA)・近藤和雄中原智勇堀内 聡NEC東芝スペースシステム
(15)
SAT
10:20-10:45 2GHz帯及び2.5GHz帯の移動体衛星通信における高仰角伝搬路特性の測定解析 SAT2006-15 中澤勇夫NTワイヤレス研)・木村和宏石田 等浜 真一NICT
(16)
SAT
10:45-11:10 LDPC符号を用いた一般化直交変調方式の誤り率特性 SAT2006-16 橋本 賢武田壮平岡 育生阿多信吾阪市大
(17)
共通
11:10-12:00 [特別講演]Ka帯固定衛星通信システムの小型地球局装置(VSAT)に関する技術試験並びに調査検討 AP2006-50 SAT2006-17 川上陽一尾崎 裕佐藤裕之秋田康貴三菱電機)・橋本勝雄三菱電機特機システム)・井家上哲史明大
7月7日(金) 午後  AP
座長: 藤井 輝也(日本テレコム)
13:00 - 14:25
(18)
A・P
13:00-13:25 LMS, RLS, QRD-RLSアルゴリズムのFPGA実装と評価 AP2006-51 横山良晃大場弘和横浜国大)・金 ミン錫ブレインズ)・新井宏之横浜国大
(19)
A・P
13:25-13:50 送信側空間平均法を用いたコヒーレント波の到来方向推定性能について AP2006-52 遠藤奈津美山田寛喜山口芳雄新潟大
(20)
A・P
13:50-14:15 屋内環境における人体によるパス遮蔽モデルの一検討 AP2006-53 柏木一平多賀登喜雄関西学院大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
7月7日(金) 午後  AP
座長: 多賀 登喜雄(関学)
14:25 - 15:40
(21)
A・P
14:25-14:50 屋内・周辺移動環境下における受信レベル変動特性 AP2006-54 太田喜元藤井輝也日本テレコム
(22)
A・P
14:50-15:15 屋内・周辺移動環境下における伝搬変動モデルの提案(その1) ~ 端末静止&NLOS環境下の場合 ~ AP2006-55 藤井輝也太田喜元日本テレコム
(23)
A・P
15:15-15:40 Ray Launching法によるMIMO伝送路の解析精度の検討 AP2006-56 岩木孝憲陳 強澤谷邦男東北大

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 山田寛喜(新潟大)
TEL:025-262-7477,FAX:025-262-7477
E-:_-cry 
SAT 衛星通信研究会(SAT)   [今後の予定はこちら]
問合先 SAT研究会幹事:tieice
木村和宏(NICT)
TEL:042-327-6836,FAX:042-327-5608
E-:
小林聖(NTT)
TEL:046-859-2777,FAX:046-859-4311
E-:ba 


Last modified: 2006-06-23 15:00:39


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /   [SAT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会