お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-16 10:20
ロスパケットのペイロード情報弁別に基づく音声受聴品質評価法
上村郷志福元徳広山田秀昭堀内浩規KDDI研TM2006-68
抄録 (和) 本稿では,ロスパケットのペイロード情報弁別処理に基づく音声受聴品質の客観評価方式を提案する.これまでに,ユーザが知覚する音声品質をパケットロス率,ディレイ,ジッタ等IPパケット転送品質情報に基づき客観的に評価する手法がいくつか提案されている.しかしながら,ロスパケットのペイロードに含まれる音声信号の特性によって,ユーザが知覚する音声品質劣化の度合いは大きく異なるため,IPパケット転送品質情報から算出した音声品質の評価値とユーザが知覚する音声品質の評価値が乖離する場合があった.そこで,提案方式では,受信側においてロスパケットのペイロード情報の弁別を行い,当該ロスパケットが音声受聴品質に与える影響度合を定量的に評価する処理を設けた.これにより,ロスパケットが音声受聴品質に与える影響の大きさを品質予測に反映することができるため高精度な音声品質評価が可能となる.また,提案方式は,エンドトゥエンドでの品質測定に際し,計算処理負荷が比較的小さいため携帯電話端末への実装が容易である. 
(英) This paper presents an objective speech quality assessment based on the payload discrimination of loss packets. Several speech quality assessments using IP transmission quality such as packet loss rate, delay, and jitter have been proposed. However, the objective speech quality estimated by using the IP transmission quality often differs from the user’s perceptual quality, since user’s perceptual quality is strongly affected by the features of signals included in loss packets. Therefore, our proposed assessment has the process that can evaluate the importance of loss packet for user’s perceptual quality by predicting the features of signals included in loss packets. Thereby the importance of loss packets can be reflected to speech quality as-sessment. Our proposed assessment can be implemented the mobile phone terminals, since it does not need the signal process-ing that need high computational cost.
キーワード (和) 音声品質 / VoIP / QoS / NGN / PESQ / / /  
(英) Voice quality / VoIP / QoS / NGN / PESQ / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, 2007年3月.
資料番号  
発行日 2007-03-08 (TM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TM2006-68

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2007-03-15 - 2007-03-16 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル 
開催地(英) Miyakojima Marine Terminal 
テーマ(和) 次世代ネットワーク管理,一般 (TMワークショップ併催) 
テーマ(英) NGN management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2007-03-TM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ロスパケットのペイロード情報弁別に基づく音声受聴品質評価法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Objective speech quality assessment based on payload discrimination of lost packet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声品質 / Voice quality  
キーワード(2)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(3)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(4)(和/英) NGN / NGN  
キーワード(5)(和/英) PESQ / PESQ  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 郷志 / Satoshi Uemura / ウエムラ サトシ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 徳広 / Norihiro Fukumoto / フクモト ノリヒロ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 秀昭 / Hideaki Yamada / ヤマダ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 浩規 / Hiroki Horiuchi / ホリウチ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2007-03-16 10:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ICM 
資料番号 TM2006-68 
巻番号(vol) vol.106 
号番号(no) no.600 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数
発行日 2007-03-08 (TM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会