お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-01 11:00
Design Techniques of Wave Pipelines
Masa-aki Fukase・○Tomoaki SatoHirosaki Univ.ICD2007-28 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2007-28
抄録 (和) In order to improve rather complicated design and testing methods of wave-pipelines, our policy is to cover rough tuning as well as fine tuning. This is practically useful for both universal chips and FPGAs. The reconfigurable feature of FPGAs is crucial for quickly corresponding to the drastic change of ubiquitous network environment. In this study, we have focused our attention to three key techniques. The first topic is the development of a CAD tool that dynamically shows a wave map. The second topic is the application of wave-pipelining to sequential circuits. The final topic is a double clocking scheme. 
(英) In order to improve rather complicated design and testing methods of wave-pipelines, our policy is to cover rough tuning as well as fine tuning. This is practically useful for both universal chips and FPGAs. The reconfigurable feature of FPGAs is crucial for quickly corresponding to the drastic change of ubiquitous network environment. In this study, we have focused our attention to three key techniques. The first topic is the development of a CAD tool that dynamically shows a wave map. The second topic is the application of wave-pipelining to sequential circuits. The final topic is a double clocking scheme.
キーワード (和) Wave-pipeline / sequential logic / design for testability / processor / chip / CMOS / /  
(英) Wave-pipeline / sequential logic / design for testability / processor / chip / CMOS / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 76, ICD2007-28, pp. 67-72, 2007年5月.
資料番号 ICD2007-28 
発行日 2007-05-24 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2007-28 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2007-28

研究会情報
研究会 ICD IPSJ-ARC  
開催期間 2007-05-31 - 2007-06-01 
開催地(和) 株式会社富士通研究所 岡田記念ホール 
開催地(英)  
テーマ(和) 集積回路とアーキテクチャの協創~プロセッサ、メモリ、システムLSIおよび一般~<オーガナイザ:井上弘士(九州大学)> 
テーマ(英) Creative Collaboration between Circuit and Architecture: Processor, Memory and SOC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2007-05-ICD-IPSJ-ARC 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design Techniques of Wave Pipelines 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Wave-pipeline / Wave-pipeline  
キーワード(2)(和/英) sequential logic / sequential logic  
キーワード(3)(和/英) design for testability / design for testability  
キーワード(4)(和/英) processor / processor  
キーワード(5)(和/英) chip / chip  
キーワード(6)(和/英) CMOS / CMOS  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 深瀬 政秋 / Masa-aki Fukase / フカセ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 友暁 / Tomoaki Sato / サトウ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第2著者 
発表日時 2007-06-01 11:00:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 ICD 
資料番号 ICD2007-28 
巻番号(vol) vol.107 
号番号(no) no.76 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数
発行日 2007-05-24 (ICD) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会