お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-26 13:00
マンモグラムにおける乳房領域内の線構造解析に基づく構築の乱れの自動検出
牧田貴成岐阜大)・松原友子名古屋文理大)・原 武史藤田広志岐阜大)・遠藤登喜子名古屋医療センター)・岩瀬拓士癌研有明病院MI2007-139
抄録 (和) 我々は,乳房における病変のうち発見が困難であるとされる構築の乱れに着目し、その自動検出に関する研究を行っている.これまでに提案した手法では,細い線構造の抽出が不十分であり,特に微細な乳腺構造を含む構築の乱れを検出することが困難であった.乳腺を正確に抽出するために有効な解像度を検討した結果,乳腺の太さは均一ではなく,それに対応するには1つの解像度の画像では十分ではないため,本報告では,2つの解像度の画像の組み合わせを提案する.南フロリダ大学によって公開されているマンモグラフィデータベース(Digital Database for Screening Mammography: DDSM)に含まれる異常症例121枚および正常例159枚の計280枚を対象に実験を行った結果,従来法よりも良い結果となり,本手法の有効性を確認した. 
(英) We have developed an automated detection method for architectural distortion that is difficult to diagnose breast cancer. In our previous method, it was difficult to detect an architectural distortion with very thin mammary glands. We suggest to the method of combination of two resolution images in order to extract various width mammary glands. Our new method was evaluated by using 280 mammograms from Digital Database for Screening Mammography (DDSM) released by University of South Florida. As a result, the detection performance of our new method showed better than that of the previous method.
キーワード (和) 乳がん / 構築の乱れ / マンモグラム / コンピュータ支援診断 / / / /  
(英) Breast cancer / Architectural distortion / Mammogram / Computer-aided diagnosis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 461, MI2007-139, pp. 415-418, 2008年1月.
資料番号 MI2007-139 
発行日 2008-01-18 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2007-139

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2008-01-25 - 2008-01-26 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Naha-Bunka-Tenbusu 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2008-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マンモグラムにおける乳房領域内の線構造解析に基づく構築の乱れの自動検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automated detection for architectural distortion based on analysis of line structure in breast area on mammograms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 乳がん / Breast cancer  
キーワード(2)(和/英) 構築の乱れ / Architectural distortion  
キーワード(3)(和/英) マンモグラム / Mammogram  
キーワード(4)(和/英) コンピュータ支援診断 / Computer-aided diagnosis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧田 貴成 / Takanari Makita / マキタ タカナリ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 友子 / Tomoko Matsubara / マツバラ トモコ
第2著者 所属(和/英) 名古屋文理大学 (略称: 名古屋文理大)
Nagoya Bunri University (略称: Nagoya Bunri Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 武史 / Takeshi Hara / ハラ タケシ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 広志 / Hiroshi Fujita / フジタ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 登喜子 / Tokiko Endo / エンドウ トキコ
第5著者 所属(和/英) 名古屋医療センター (略称: 名古屋医療センター)
Nagoya Medical Center (略称: Nagoya Medical Center)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩瀬 拓士 / Takuji Iwase / イワセ タクジ
第6著者 所属(和/英) 癌研有明病院 (略称: 癌研有明病院)
Cancer Institute Hospital (略称: Cancer Institute Hospital)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-01-26 13:00:00 
発表時間 60分 
申込先研究会 MI 
資料番号 MI2007-139 
巻番号(vol) vol.107 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.415-418 
ページ数
発行日 2008-01-18 (MI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会