お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-29 15:15
MR騒音に対するANCシステムの実現 ~ 磁界中で使用可能なANCシステムの検討 ~
小野裕介徳永大介梶川嘉延関西大)・谷 徹来見良誠滋賀医科大)・野村康雄関西大EA2007-110
抄録 (和) MRIは人体の断面画像の撮像に近年用いられている医療機器であり,滋賀医科大学付属病院では,MRIによりリアルタイムで画像を見ながら手術を行えるシステムがある.しかし,MRIは稼働中に非常に大きな騒音(MR騒音)を発生するため,手術中のスタッフ間の会話が困難になるという問題がある.そこで我々は,MR騒音の低減を目的としたアクティブノイズコントロール(ANC)システムの実現に向けて検討を行っている.MRIは強力な磁界を発生するため,MRI付近では磁力を用いる通常のダイナミック型音響機器を使用できない.そこで,本稿では,磁界中で使用可能なANCシステムの実現を目的として,圧電型スピーカを用いたANCシステムの消音効果について,消音実験により検証を行う. 
(英) MRI(Magnetic Resonance Imaging) is a medical equipment system which in late years has been used to obtain the cross-sectional image of the human body.An open-configuration MR system is introduced at Shiga University of Medical Science in order to conduct microwave coaguration therapy by using near-real-time MR images.MR systems generates a very large noise (about 120dBSPL).Hence, an operator cannot communicate other medical staff (ex. nurses and anesthesists) and is exposed to the large MR noise for a long time. This shows an elevated risk of the operation. We therefore attempt to implement an active noise control (ANC) system in order to reduce the MR noise.However, MRI generates too intense magnetic field for dynamic acoustic equipment to be used. In this paper, therefore, the cancellation performance of an ANC system using piezo-electric loud speaker is demonstrated through experimental results in order to realize the available ANC system in magnetic field.
キーワード (和) アクティブノイズコントロール / MRI / DSP / 圧電セラミックスピーカ / / / /  
(英) active noise control / MRI / DSP / piezo-electric loud speaker / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 470, EA2007-110, pp. 53-58, 2008年1月.
資料番号 EA2007-110 
発行日 2008-01-22 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2007-110

研究会情報
研究会 EA US  
開催期間 2008-01-28 - 2008-01-29 
開催地(和) 関西大学 
開催地(英) Kansai University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2008-01-EA-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MR騒音に対するANCシステムの実現 
サブタイトル(和) 磁界中で使用可能なANCシステムの検討 
タイトル(英) A Realization of Active Noise Control System for MR Noise 
サブタイトル(英) A Study on the Available ANC System in Magnetic Field 
キーワード(1)(和/英) アクティブノイズコントロール / active noise control  
キーワード(2)(和/英) MRI / MRI  
キーワード(3)(和/英) DSP / DSP  
キーワード(4)(和/英) 圧電セラミックスピーカ / piezo-electric loud speaker  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 裕介 / Yusuke Ono / オノ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 大介 / Daisuke Tokunaga / トクナガ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷 徹 / Tohru Tani / タニ トオル
第4著者 所属(和/英) 滋賀医科大学 (略称: 滋賀医科大)
Shiga University of Medical Science (略称: Shiga Univ. of Medical Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 来見 良誠 / Yoshimasa Kurumi / クルミ ヨシマサ
第5著者 所属(和/英) 滋賀医科大学 (略称: 滋賀医科大)
Shiga University of Medical Science (略称: Shiga Univ. of Medical Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 康雄 / Yasuo Nomura / ノムラ ヤスオ
第6著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-29 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 EA2007-110 
巻番号(vol) 107 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数
発行日 2008-01-22 (EA) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会