お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-23 11:00
べき則の性質を有するトポロジにおける輻輳伝播に関する一考察
平山孝弘荒川伸一村田正幸阪大NS2008-68
抄録 (和) インターネットのトポロジを観測した結果、出線数分布がべき則に従うことが明らかにされており、ノードの出線数分布がべき則に従うトポロジを生成する様々なモデルが提案されている。しかし、出線数分布が同じでも、トポロジによって構造上の特徴が異なり、ネットワークの性能も大きく異なることが指摘されている。本稿ではインターネットにおけるパケットの混雑に着目し、既存のトポロジ生成手法によって作られたトポロジと、実際のISPトポロジにおいて、パケットの混雑状況がどのように伝播するのかを明らかにする。計算機シミュレーションの結果、BAモデルで生成されたトポロジは輻輳がネットワークに伝播しやすい傾向を持つ一方で、ISPのルータレベルトポロジは輻輳の伝播を抑制する構造を有することがわかった。 
(英) Measurement studies of the Internet topology have revealed that the degree distribution follows a power-law distribution. In the power-law distribution, the probability $P(k)$ that a node has $k$ out-going links follows $P(k) \sim k ^{-\gamma}$. Large networks such as social network and metabolic network also follow a power-law. However, it is known that the Internet topology structure is different from social network structure. So, a research focused only on the degree distribution is not enough to evaluate the network performance. In this paper, we investigate how the congestion propagates on the Internet topology. We examine the traffic on the BA topology obtained by topology generating method and the real Internet topology with flow-control between routers to understand how the traffic jam spreads over a network. As a result, we find that congestion propagates widely in the BA topology, while the Internet topology prevents the congestion propagation. With the comparison of their structure, congestion does not propagate widely in the topology that has highly modulated structures.
キーワード (和) べき則 / ルータレベルトポロジー / 輻輳 / フロー制御 / BAモデル / / /  
(英) power-law network / router-level topology / congestion propagation / flow control / BA model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 258, NS2008-68, pp. 1-6, 2008年10月.
資料番号 NS2008-68 
発行日 2008-10-16 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2008-68

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2008-10-23 - 2008-10-24 
開催地(和) 関西大学 
開催地(英) Kansai University 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(ユビキタスNW、スケールフリーNW、RoN、アクティブNW)、高速Ethernet、グリッドNW、センサNW、一般 
テーマ(英) Network Architecture, High-speed Ethernet, Grid Network, Sensor Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2008-10-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) べき則の性質を有するトポロジにおける輻輳伝播に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Congestion Propagation in ISP Topologies Having Power-law Degree Distribution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) べき則 / power-law network  
キーワード(2)(和/英) ルータレベルトポロジー / router-level topology  
キーワード(3)(和/英) 輻輳 / congestion propagation  
キーワード(4)(和/英) フロー制御 / flow control  
キーワード(5)(和/英) BAモデル / BA model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 孝弘 / Takahiro Hirayama / ヒラヤマ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 伸一 / Shin'ichi Arakawa / アラカワ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-10-23 11:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2008-68 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.258 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2008-10-16 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会