お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-08 15:30
パーシャルアニーリングの統計力学 ~ 相互作用がメキシカンハット型の場合 ~
原 一之都立産技高専)・上江洌達也奈良女子大)・三好誠司関西大)・岡田真人東大/理研NC2008-72
抄録 (和) 本論文ではイジングスピンニューラルネットワークおいて,相互作用とニューロンの両者がダイナミクスを持つ系の平衡状態を解析した.相互作用は側抑制モデルで用いられるメキシカンハット型であり,孤立局在興奮性の挙動を示す.また,相互作用はランジュバンノイズおよびヘブ則に似た学習規則によって変化する.解析の結果,ヘブ則の効果を強くすると,孤立局在と強磁性の混在する双安定領域が拡大することが分かった. 
(英) We analyzed the equilibrium states of an Ising spin neural network model
in which both spins and interactions evolve simultaneously over time.
The interactions are Mexican-hat-type, which are used for lateral inhibition
models. The model shows a bump activity, which is the locally activated network state.
The time-dependent interactions are driven by Langevin noise and Hebbian
learning. The analysis results reveal that Hebbian learning expands the
bistable regions of the ferromagnetic and local excitation phases.
キーワード (和) イジングスピンニューラルネットワーク / パーシャルアニーリング / レプリカ法 / メキシカンハット型相互作用 / / / /  
(英) Ising spin neural network / Partial Annealing / Replica method / Mexican-hat-type interaction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 281, NC2008-72, pp. 79-83, 2008年11月.
資料番号 NC2008-72 
発行日 2008-10-31 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2008-72

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2008-11-07 - 2008-11-08 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga Univ. 
テーマ(和) ニューロハードウェア, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2008-11-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パーシャルアニーリングの統計力学 
サブタイトル(和) 相互作用がメキシカンハット型の場合 
タイトル(英) Statistical Mechanics of Partial Annealing 
サブタイトル(英) Mexican-hat-type interaction case 
キーワード(1)(和/英) イジングスピンニューラルネットワーク / Ising spin neural network  
キーワード(2)(和/英) パーシャルアニーリング / Partial Annealing  
キーワード(3)(和/英) レプリカ法 / Replica method  
キーワード(4)(和/英) メキシカンハット型相互作用 / Mexican-hat-type interaction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 一之 / Kazuyuki Hara / ハラ カズユキ
第1著者 所属(和/英) 都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Engineering (略称: Tokyo Metro. College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上江洌 達也 / Tatsuya Uezu / ウエヅ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 奈良女子大学 (略称: 奈良女子大)
Nara Women's University (略称: Nara Women's Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 誠司 / Seiji Miyoshi / ミヨシ セイジ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 真人 / Masato Okada / オカダ マサト
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大/理研)
The Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-11-08 15:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NC 
資料番号 NC2008-72 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.281 
ページ範囲 pp.79-83 
ページ数
発行日 2008-10-31 (NC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会