お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-12 13:25
3パラメータガンマ分布における一致推定量の構成
長塚豪己山本久志首都大東京)・鎌倉稔成中大R2008-40
抄録 (和) 3パラメータガンマ分布は生物, モノの寿命や反応時間などといった非対称データにあてはまるモデルとして, 生物学, 経済学, 心理学, 医学, 薬学, 水文学等非常に広い範囲の分野で用いられている. 位置母数を持つ分布の推定においては, 非正則性の問題が生じることがよく知られている. 本研究では, 3パラメータガンマ分布において, 以下の性質を持つ推定法を提案する: (1) 全てのサンプルサイズとパラメータの値において, 推定値が一意に存在する, (2) 全てのパラメータの値において,推定量が一致性を持つ, (3) パラメータの同時推定を必要としない. 
(英) The three-parameter gamma distribution, having location (threshold), scale and shape parameters, is frequently used as a model for distributions of life spans, reaction time, and for other types of non-symmetrical data. It is well known that the usual regularity conditions for the ML estimation of distribution which has threshold do not hold for some combinations of parameter values. In this paper, we propose a method for parameter estimation of the three-parameter gamma distribution. The proposed method has the following properties:(1) the estimates exist uniquely, (2) the estimators are consistent estimators, (3) the estimates can be obtained sequentially.
キーワード (和) 3パラメータガンマ分布 / 一致推定量 / 順序統計量 / 最尤推定 / Bayesian likelihood 推定量 / / /  
(英) Three-parameter gamma distribution / Consistent estimator / Order statistics / Maximum likelihood estimation / Bayesian likelihood estimation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 349, R2008-40, pp. 7-10, 2008年12月.
資料番号 R2008-40 
発行日 2008-12-05 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2008-40

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2008-12-12 - 2008-12-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 信頼性国際規格,保全性,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2008-12-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3パラメータガンマ分布における一致推定量の構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consistent estimators of parameters of three-parameter gamma disitribution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3パラメータガンマ分布 / Three-parameter gamma distribution  
キーワード(2)(和/英) 一致推定量 / Consistent estimator  
キーワード(3)(和/英) 順序統計量 / Order statistics  
キーワード(4)(和/英) 最尤推定 / Maximum likelihood estimation  
キーワード(5)(和/英) Bayesian likelihood 推定量 / Bayesian likelihood estimation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長塚 豪己 / Hideki Nagatsuka / ナガツカ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 久志 / Hisashi Yamamoto / ヤマモト ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 稔成 / Toshinari Kamakura / カマクラ トシナリ
第3著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Unive.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-12-12 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 R 
資料番号 R2008-40 
巻番号(vol) vol.108 
号番号(no) no.349 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数
発行日 2008-12-05 (R) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会