お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-19 14:50
カット集合を用いた優先ANDゲートを含むフォールトツリーの解析
米田泰司郎弓削哲史田村信幸柳 繁防衛大R2009-55 EMD2009-122 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-122
抄録 (和) 優先ANDゲートをもつフォールトツリーにおいて,最小カット集合を用いて頂上事象発生確率の厳密解を計算する方法を提案する.優先ANDゲートとは,入力事象が決められた順序で発生しなければ出力事象が生起しないANDゲートである.当初,事象の発生順序を表現する演算子を定義して優先ANDゲートを含むFTの定量的記述を与え,順序付きカット列集合を導出する.続いて,求めた順序付きカット列集合に対してファクタリング法を用いて,一通りの生起順序しかもたないカット列の集合を導出する.最後に,既に得られているマルコフ過程に基づいた順序付き事象の生起確率を求める式を利用し,頂上事象生起確率を算出する. 
(英) We propose a method for calculating the exact top event probability of a fault tree with priority AND gates using the minimal cut sets. A priority AND gate models such a situation in which the failure of the gate occurs if all the inputs fail in a preassigned order. At first, new operators which represent the dependence of an event sequence are defined. Then we present the algebraic forms of the minimal cut sequence set using the operators. Secondly, we obtain the concrete sequences of a minimal cut sequence by factoring method. The probabilities of the cut sequences are calculated using a Markov based formula. Finally, we calculate the top event probability of an FT using the probabilities of cut sequences.
キーワード (和) 動的FT / 優先ANDゲート / 頂上事象生起確率 / ファクタリング法 / / / /  
(英) Dynamic FT / Priority AND Gate / Top event probability / Factoring / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 419, R2009-55, pp. 31-36, 2010年2月.
資料番号 R2009-55 
発行日 2010-02-12 (R, EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2009-55 EMD2009-122 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-122

研究会情報
研究会 EMD R  
開催期間 2010-02-19 - 2010-02-19 
開催地(和) パナソニック「松心会館」 
開催地(英)  
テーマ(和) 機構デバイスの信頼性、信頼性一般(共催:継電器・コンタクトテクノロジー研究会、IEEE CPMT JAPAN) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2010-02-EMD-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カット集合を用いた優先ANDゲートを含むフォールトツリーの解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cut Set Analysis of Fault Tree with Priority AND Gates 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動的FT / Dynamic FT  
キーワード(2)(和/英) 優先ANDゲート / Priority AND Gate  
キーワード(3)(和/英) 頂上事象生起確率 / Top event probability  
キーワード(4)(和/英) ファクタリング法 / Factoring  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 泰司郎 / Taijirou Yoneda / ヨネダ タイジロウ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 弓削 哲史 / Tetsushi Yuge / ユゲ テツシ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 信幸 / Nobuyuki Tamura / タムラ ノブユキ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳 繁 / Shigeru Yanagi / ヤナギ シゲル
第4著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: NDA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-19 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 R2009-55, EMD2009-122 
巻番号(vol) 109 
号番号(no) no.419(R), no.420(EMD) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数
発行日 2010-02-12 (R, EMD) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会