お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-05 16:05
機能拡張した実世界Edutainmentとその防災教育への活用
野田祐介光原弘幸森本真理井若和久梅岡秀博上月康則金西計英矢野米雄徳島大ET2009-121
抄録 (和) 実世界Edutainmentでは,学習者が携帯情報端末を持ち,実世界で展開するシナリオ(物語)に沿ってモノやヒトとインタラクションしながら学習していく.例えば,GPSにより学習者の現在位置を取得し,その場所に関連するクイズを携帯情報端末に提示することができる.本研究では,実世界Edutainmentシステムを次のように機能拡張した:(1)シナリオの分岐に対応し,(2)現在位置だけでなく方角を取得し,(3)マルチメディア教材を提示する.地震発生時の避難経路を学ぶシナリオを試作し,機能拡張したシステムで動作させ,防災教育として活用できるかを検討した. 
(英) Real World Edutainment (RWE) is an educational game on a handheld computer focusing on a game story (learning scenario) and human-human interaction in the real world to increase learning motivation and learning effect. In this paper, we describe the functionally-extended RWE system, which can handle the bifurcation of learning scenario, obtain not only a learner’s current location but also his/her direction, and present multimedia learning materials. And, we consider how the RWE system can be applied to education for disaster prevention, designing a scenario for learning appropriate escape behaviors and escape routes in a university.
キーワード (和) 実世界 / Edutainment / 学習シナリオ / センサ利用 / マルチメディア教材 / 防災教育 / /  
(英) Real World / Edutainment / Learning Scenario / Use of Sensor / Multimedia Learning Materials / Education for Disaster Prevention / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 453, ET2009-121, pp. 101-106, 2010年3月.
資料番号 ET2009-121 
発行日 2010-02-26 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2009-121

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2010-03-05 - 2010-03-05 
開催地(和) 高知大 
開催地(英) Kouchi Univ. 
テーマ(和) Web技術と先端的学習支援/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2010-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機能拡張した実世界Edutainmentとその防災教育への活用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Functionally-extended Real World Edutainment and its Application to Education for Disaster Prevention 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 実世界 / Real World  
キーワード(2)(和/英) Edutainment / Edutainment  
キーワード(3)(和/英) 学習シナリオ / Learning Scenario  
キーワード(4)(和/英) センサ利用 / Use of Sensor  
キーワード(5)(和/英) マルチメディア教材 / Multimedia Learning Materials  
キーワード(6)(和/英) 防災教育 / Education for Disaster Prevention  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 祐介 / Yusuke Noda / ノダ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 光原 弘幸 / Hiroyuki Mitsuhara / ミツハラ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 真理 / Mari Morimoto / モリモト マリ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井若 和久 / Kazuhisa Iwaka / イワカ カズヒサ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅岡 秀博 / Hidehiro Umeoka / ウメオカ ヒデヒロ
第5著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 上月 康則 / Yasunori Kozuki / コウズキ ヤスノリ
第6著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 金西 計英 / Kazuhide Kanenishi / カネニシ カズヒデ
第7著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 米雄 / Yoneo Yano / ヤノ ヨネオ
第8著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2010-03-05 16:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ET 
資料番号 ET2009-121 
巻番号(vol) vol.109 
号番号(no) no.453 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数
発行日 2010-02-26 (ET) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会