お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-03 13:45
魚行動のカオス性評価と移動ロボットへの適用
福田耕治武藏美緒杉野隆三郎森住 昇阿南高専CAS2010-60 NLP2010-76
抄録 (和) 生物は個体が置かれた環境に応じて適応行動を取っているものと考えられ,複雑な挙動を示す生物行動を解析して適切にモデリングすることができればエラー耐性を備えた人工物の設計に応用できるものと考えられる.本研究では,生物行動としてエッジ領域と呼ばれる拘束された水域における魚類の遊泳行動に着目し,水槽実験から得られたデータをカオス性等に着目して解析することで,魚の行動
パターンとその特徴量の関係を明らかにするとともに移動ロボットの動作も同様に評価する.この研究成果は,魚類における適応行動のモデリングとそのバイオミメティクス的応用を考察する際の指針になるのではないかと期待される. 
(英) The animate beings have the adaptive behaviors due to an environment in which the individuals are forced to restrain under it. If we can make the modeling for the complex behaviors of the animate beings through it's analysis, the modeling can be applied to design of the artifact which has the error tolerance. In this study, we focus interest on the fish locomotive behavior in the water area as the so-called the edge region which restrains the fish's behavior. In the next, it is developed the fish-like behavior algorithm for the mobile robot (e-puck), and it is compared fish behavior with robot one. We adopt the chaos analysis for the water tank experiments and mobile robot experiments. We can find the pattern of behaviors and its amount of characteristics.
These results will be the promising guidline to discuss the modeling of the fish's adaptive behaviors and its biomimetical application.
キーワード (和) 魚類の遊泳行動 / 移動ロボット / エッジ領域 / カオス解析 / / / /  
(英) Fish Locomotive Behavior / Mobile Robot / Edge Region / Chaos Analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 166, NLP2010-76, pp. 147-152, 2010年8月.
資料番号 NLP2010-76 
発行日 2010-07-26 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-60 NLP2010-76

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2010-08-02 - 2010-08-03 
開催地(和) 鳴門教育大学 
開催地(英) Naruto University of Education 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2010-08-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 魚行動のカオス性評価と移動ロボットへの適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation for Chaotic Behavior of Fish Locomotion and its Application for Mobile Robot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 魚類の遊泳行動 / Fish Locomotive Behavior  
キーワード(2)(和/英) 移動ロボット / Mobile Robot  
キーワード(3)(和/英) エッジ領域 / Edge Region  
キーワード(4)(和/英) カオス解析 / Chaos Analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 耕治 / Koji Fukuda / フクダ コウジ
第1著者 所属(和/英) 阿南工業高等専門学校 (略称: 阿南高専)
Anan National College of Technology (略称: Anan Nat Coll. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藏 美緒 / Mio Musashi / ムサシ ミオ
第2著者 所属(和/英) 阿南工業高等専門学校 (略称: 阿南高専)
Anan National College of Technology (略称: Anan Nat Coll. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉野 隆三郎 / Ryuzaburo Sugino / スギノ リュウザブロウ
第3著者 所属(和/英) 阿南工業高等専門学校 (略称: 阿南高専)
Anan National College of Technology (略称: Anan Nat Coll. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森住 昇 / Noboru Morizumi / モリズミ ノボル
第4著者 所属(和/英) 阿南工業高等専門学校 (略称: 阿南高専)
Anan National College of Technology (略称: Anan Nat Coll. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-08-03 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 CAS2010-60, NLP2010-76 
巻番号(vol) 110 
号番号(no) no.165(CAS), no.166(NLP) 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数
発行日 2010-07-26 (CAS, NLP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会