お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-11 16:50
オーバーギガ級大容量映像配信のためのトラヒック品質変化検知手法の提案と検証
谷口 篤田中宏茂NTTコミュニケーションズ)・清水健司瀬林克啓NTTICM2010-73
抄録 (和) オーバギガ級の大容量映像ではマイクロ秒オーダのトラヒックのバースト特性が映像品質に影響を与える.これを解決するためには高精度な測定機器をすべてのリンクに配置する必要があるがコスト面から現実的ではない.そこでこの課題を解決するため,エッジノードでのプローブパケットによる高精度遅延測定と,コアノードでのSNMPによる帯域使用率測定とを組み合わせたトラヒック品質変化検知手法を提案する.さらに,提案方法の有効性を検証するため,評価実験を行なった結果を報告する. 
(英) The bursty traffic on the microsecond time scale negatively affects quality of the video traffic for the over Gbps video transmission. Although the high resolution monitor can detect the bursty traffic, the high resolution monitor is too expensive to deploy them on all network nodes. To solve this problem, we proposed a traffic quality variation detection technique involving the delay and the link utilization measurements. Moreover, we reported the experimental results for evaluating the effectiveness of the proposed technique.
キーワード (和) 大容量映像配信 / 品質監視 / 変化検知 / / / / /  
(英) video transmission / network monitoring / variation detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 466, ICM2010-73, pp. 109-113, 2011年3月.
資料番号 ICM2010-73 
発行日 2011-03-03 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2010-73

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2011-03-10 - 2011-03-11 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル 
開催地(英) Miyakojima Marine Terminal 
テーマ(和) エレメント管理、管理機能、理論・運用方法論、および一般 
テーマ(英) Element Management, Management Functionalities, Operations and Management Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2011-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オーバーギガ級大容量映像配信のためのトラヒック品質変化検知手法の提案と検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and verification of traffic quality variation detection technique for over Gbps video transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大容量映像配信 / video transmission  
キーワード(2)(和/英) 品質監視 / network monitoring  
キーワード(3)(和/英) 変化検知 / variation detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 篤 / Atsushi Taniguchi / タニグチ アツシ
第1著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Communications)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 宏茂 / Hiroshige Tanaka / タナカ ヒロシゲ
第2著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 健司 / Kenji Shimizu / シミズ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬林 克啓 / Katsuhiro Sebayashi / セバヤシ カツヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2011-03-11 16:50:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2010-73 
巻番号(vol) vol.110 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.109-113 
ページ数
発行日 2011-03-03 (ICM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会