お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-27 14:35
[チュートリアル講演]コグニティブ無線ネットワークの応用展開 ~ システムシナリオ例 ~
有吉正行NEC)・Richard MacKenzieBritish Telcom)・Per Hjalmar LehneTelenor)・Ulrico CelentanoUniv. of OuluRCS2011-166 SR2011-70 AN2011-44 USN2011-46
抄録 (和) コグニティブ無線による周波数二次利用やダイナミックスペクトルアクセスは,将来の無線ネットワークの一形態として大変有望視されている.周波数二次利用に際しては,セカンダリユーザが同一周波数帯のライセンスユーザに対していかなる干渉も与えないこと,また他のセカンダリユーザとの適正なリソース共有を行うことが要求条件として挙げられる.この様な周波数二次利用型コグニティブ無線ネットワークの実用展開の方向性としては,多数のシステムシナリオが考えられる.本チュートリアルでは,セカンダリユーザのQoSとモビリティを保証することを特長とする有望なシステムシナリオについて概説する.また,これらのシナリオについて,実用化及び事業化の観点からの評価についても述べる. 
(英) Opportunistic spectrum access, or dynamic spectrum access, is a great prospect for future wireless networks. The key requirements for the opportunistic spectrum access are that an opportunistic user is to avoid interference with any licensed users of the same spectrum and also to cooperate fairly with other opportunistic users. There are many scenarios where an opportunistic network could provide a system that has the potential to provide a better business case than conventional wireless networks. This tutorial identifies the most promising scenarios for opportunistic users that are on the move and have a requirement for managed quality of service. The evaluation on these scenarios for business and deployment aspects are also presented.
キーワード (和) コグニティブ無線 / DSA / OSA / QoS / モビリティ / 周波数二次利用 / ホワイトスペース / QoSMOS  
(英) Cognitive Radio / Dynamic Spectrum Access / Opportunistic Access / Quality of Service / Mobility / Secondary Access / White Spaces / QoSMOS  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 261, SR2011-70, pp. 169-173, 2011年10月.
資料番号 SR2011-70 
発行日 2011-10-19 (RCS, SR, AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2011-166 SR2011-70 AN2011-44 USN2011-46

研究会情報
研究会 RCS AN SR USN  
開催期間 2011-10-26 - 2011-10-28 
開催地(和) 上智大 
開催地(英) Sophia Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2011-10-RCS-AN-SR-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コグニティブ無線ネットワークの応用展開 
サブタイトル(和) システムシナリオ例 
タイトル(英) Application and Deployment of Cognitive Radio Networks 
サブタイトル(英) High Potential Scenario Examples 
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) DSA / Dynamic Spectrum Access  
キーワード(3)(和/英) OSA / Opportunistic Access  
キーワード(4)(和/英) QoS / Quality of Service  
キーワード(5)(和/英) モビリティ / Mobility  
キーワード(6)(和/英) 周波数二次利用 / Secondary Access  
キーワード(7)(和/英) ホワイトスペース / White Spaces  
キーワード(8)(和/英) QoSMOS / QoSMOS  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有吉 正行 / Masayuki Ariyoshi / アリヨシ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Richard MacKenzie / Richard MacKenzie / リチャード マッケンジー
第2著者 所属(和/英) British Telcom (略称: British Telcom)
British Telcom (略称: British Telcom)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Per Hjalmar Lehne / Per Hjalmar Lehne / ペル ヤルマール レーネ
第3著者 所属(和/英) Telenor (略称: Telenor)
Telenor (略称: Telenor)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Ulrico Celentano / Ulrico Celentano /
第4著者 所属(和/英) University of Oulu (略称: Univ. of Oulu)
University of Oulu (略称: Univ. of Oulu)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2011-10-27 14:35:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 SR 
資料番号 RCS2011-166, SR2011-70, AN2011-44, USN2011-46 
巻番号(vol) vol.111 
号番号(no) no.260(RCS), no.261(SR), no.262(AN), no.263(USN) 
ページ範囲 pp.159-163(RCS), pp.169-173(SR), pp.141-145(AN), pp.141-145(USN) 
ページ数
発行日 2011-10-19 (RCS, SR, AN, USN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会