お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-21 15:20
パラジウム電極間アークの電圧電流特性測定 ~ 開離電極を使用する方法による ~
鈴木貴和須原啓一東京高専EMD2012-94 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2012-94
抄録 (和) スイッチングアークの電圧電流を計算するとき,アーク電圧と電極間距離及びアーク電流の関係を表すアーク電圧電流特性が必要である.パラジウム電極のアーク電圧電流特性は,C. E. GuyeとL. Zebrikoffの研究論文に電極間距離0~2 mm,アーク電流3~15 Aにおける測定値が残されている[1].しかし,誘導性回路のスイッチングアークを計算するには2 mm以上,3 A以下の範囲のアーク電圧電流特性が必要である.今回,パラジウム電極のアーク電圧電流特性を,電極間距離0.1~10 mm,アーク電流5 A以下の範囲で測定した.この測定結果とGuye, Zebrikoffの測定結果は,共通する範囲(0.1~2 mm, 3~5 A)においてよく合っている. 
(英) When we calculate the voltage and current of switching arc, the dependence of arc voltage upon electrode gap and arc current, namely arc V-I characteristics, must be known in advance. For V-I characteristics of palladium arc, C. E. Guye and L. Zebrikoff reported their measurements in the range from 0 to 2 mm and from 3 to 15 A [1]. However, when calculating switching arc in inductive circuit, arc V-I characteristics must be known also in the gap range longer than 2 mm and the current range lower than 3 A. We have measured V-I characteristics of palladium arc in the gap range from 0.1 to 10 mm and the current range lower than 5 A. Our measurements and those of Guye and Zebrikoff agree well in the range where these two measurements overlap, i.e. from 0.1 to 2 mm and from 3 to 5 A.
キーワード (和) アーク電圧電流特性 / 誘導性回路 / 開離電極 / / / / /  
(英) arc V-I characteristics / inductive circuit / opening electrodes / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 370, EMD2012-94, pp. 21-25, 2012年12月.
資料番号 EMD2012-94 
発行日 2012-12-14 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2012-94 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2012-94

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2012-12-21 - 2012-12-21 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2012-12-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラジウム電極間アークの電圧電流特性測定 
サブタイトル(和) 開離電極を使用する方法による 
タイトル(英) Measurement of V-I Characteristics of Arc between Palladium Electrodes 
サブタイトル(英) by Method Using Opening Electrodes 
キーワード(1)(和/英) アーク電圧電流特性 / arc V-I characteristics  
キーワード(2)(和/英) 誘導性回路 / inductive circuit  
キーワード(3)(和/英) 開離電極 / opening electrodes  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 貴和 / Takayori Suzuki / スズキ タカヨリ
第1著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
Tokyo National College of Technology (略称: TNCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須原 啓一 / Keiichi Suhara /
第2著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
Tokyo National College of Technology (略称: TNCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-21 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 EMD2012-94 
巻番号(vol) 112 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.21-25 
ページ数
発行日 2012-12-14 (EMD) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会