お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 11:00
オンデマンド型省電力機構を備えた無線センサ・アクチュエータ・ネットワークにおける経路制御方式の提案と評価
松田祐輝阪田史郎小室信喜千葉大)・阿部憲一NEC通信システムNS2013-222
抄録 (和) 電力,電波資源を必要時に必要最低限消費するRadio-On-Demand Networks(ROD)に対応したオンデマンド型無線センサ・アクチュエータ・ネットワーク(ROD-SAN)の研究が行われている.オンデマンド型省電力機構を備えたROD-SANノードは,適切なタイミングでスリープ状態に移行し,他のROD-SANノードからのウェイクアップ信号を受信すると起動状態に遷移する.本稿では,ROD-SANにおいて,スマートメータリング用ルーティングプロトコルRPL(IPv6 Routing Protocol for Low-Power and Lossy Networks)に基づく制御により,低遅延でネットワーク長寿命化を実現する経路制御方式を提案する.シミュレーション評価により,ネットワーク長寿命化かつ待ち時間を短縮した通信が可能であることを示す. 
(英) Radio-On-Demand wireless Sensor Actuator Network (ROD-SAN) is based on Radio-On-Demand (ROD) system, which the authors previously proposed for saving the power consumptions and the radio resources. Each ROD-SAN node with on-demand power-saving mechanism go to sleep at the appropriate time and transition to the active state when it receives a wake-up signal from other ROD-SAN nodes. In this paper, we propose a novel routing control scheme, which reduces latency and extends network lifetime based on RPL (IPv6 Routing Protocol for Low-Power and Lossy Networks) in ROD-SAN. Simulation results show that the proposed scheme achieves low latency and long network lifetime.
キーワード (和) RPL / 6LoWPAN / 省電力 / センサネットワーク / アクチュエータ / / /  
(英) RPL / 6LoWPAN / Power Saving / Sensor Network / Actuator / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-222, pp. 265-270, 2014年3月.
資料番号 NS2013-222 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-222

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オンデマンド型省電力機構を備えた無線センサ・アクチュエータ・ネットワークにおける経路制御方式の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Routing Control Scheme for Wireless Sensor-actuator Network with On-demand Power Control Function and its Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RPL / RPL  
キーワード(2)(和/英) 6LoWPAN / 6LoWPAN  
キーワード(3)(和/英) 省電力 / Power Saving  
キーワード(4)(和/英) センサネットワーク / Sensor Network  
キーワード(5)(和/英) アクチュエータ / Actuator  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 祐輝 / Yuki Matsuda / マツダ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 史郎 / Shiro Sakata / サカタ シロウ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 信喜 / Nobuyoshi Komuro / コムロ ノブヨシ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 憲一 / Kenichi Abe /
第4著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NEC Communication Systems, Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2014-03-07 11:00:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2013-222 
巻番号(vol) vol.113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.265-270 
ページ数
発行日 2014-02-27 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会