お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-26 13:30
低周波ノイズ推定によるドップラーレーダの感度キャリブレーション手法
平本美智代前野蔵人OKIMW2014-48 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-48
抄録 (和) ドップラーレーダには,レーダ素子やアナログ回路を構成する半導体から生じる熱雑音やショット雑音により,感度にばらつきが発生してしまう可能性がある.特に,ドップラーレーダを心拍,呼吸,歩行速度など低速度な動体の速度計測等に使用する場合は,低周波(100Hz以下)の感度特性が非常に重要となるが,低周波の信号には1/fに比例する雑音が発生すると言われており,高感度なドップラーレーダを開発するためには,低周波雑音を除去し,感度を較正する必要がある.
そこで,ドップラーレーダのビート信号から無人状態を判定し,無人時の信号を周波数解析することにより低周波帯で発生する1/f雑音を推定する手法を提案する.さらに,推定した低周波雑音を除去することにより無人時の信号振幅のばらつきが低減することを確認し,感度の均一化の可能性について検討した結果について報告する. 
(英) When Doppler radar is used to detect heartbeats, respirations and walking speed, its sensitivity property in low frequency ( lower than 100Hz ) is very important. In generally, the Doppler radar circuit consists of many semiconductors which have thermal noises, shot noises, and so on. Because of their noises, a sensitivity of each radar is not the same. Therefore you need to estimate its noises and remove them.
This paper describes an approach to calibrate a sensitivity of the Doppler radar by an estimation noises in low frequency under the empty condition. The empty is determined by signal variations in the time domain and noises are estimated by LSM(Least squeres method) in log-scaled frequency domain. Finally, we will discuss an effect for uniformalizing the sensitivity of radars using the procedure.
キーワード (和) ドップラーレーダ / 感度均一化 / ノイズ推定 / / / / /  
(英) Doppler Radar / Sensitivity Calibration / Noise Estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 111, MW2014-48, pp. 35-40, 2014年6月.
資料番号 MW2014-48 
発行日 2014-06-19 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2014-48 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-48

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2014-06-26 - 2014-06-26 
開催地(和) 豊橋技科大 
開催地(英) Toyohashi Univ. of Tech. 
テーマ(和) マイクロ波信号発生計測技術/一般 
テーマ(英) Microwave Signal Generation and Measurement / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2014-06-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低周波ノイズ推定によるドップラーレーダの感度キャリブレーション手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Sensitivity Calibration Method with Lower-Frequency Noise Estimation for Doppler Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ドップラーレーダ / Doppler Radar  
キーワード(2)(和/英) 感度均一化 / Sensitivity Calibration  
キーワード(3)(和/英) ノイズ推定 / Noise Estimation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平本 美智代 / Michiyo Hiramoto / ヒラモト ミチヨ
第1著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: OKI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前野 蔵人 / Kurato Maeno / マエノ クラト
第2著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: OKI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2014-06-26 13:30:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 MW 
資料番号 MW2014-48 
巻番号(vol) vol.114 
号番号(no) no.111 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数
発行日 2014-06-19 (MW) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会