お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-11 11:20
音声・ビデオ・力覚メディアインタラクティブIP通信におけるユーザ援用型QoE向上
楓 卓布目敏郎名工大)・田坂修二名古屋産業科学研CQ2014-34
抄録 (和) 本報告では,音声・ビデオ・力覚メディアインタラクティブIP通信におけるユーザ援用型QoE向上の
ためのQoS制御方式を提案する.QoS制御にはメディア適応型メディア内同期制御を行う.
プレイアウトバッファリング時間の設定方法として,個々のユーザに好みのプレイアウト
バッファリング時間を選択させる制御方式,事前に導出したQoE推定式を用いて自動でQoS制御を行う
方式,及びこれら2つの制御方式を切り替えることができる方式を扱う.主観評価実験では,
作業内容やユーザ属性によるQoEの違いを評価する.その結果,ユーザ援用型QoS制御方式によって
より高いQoEを達成できることを示す.また,作業内容やユーザ属性によって最も好まれるQoS制御
方式が異なることを示す. 
(英) This report deals with user-assisted QoE enhancement by QoS control for
audiovisual and haptic
interactive IP communications. We adopt media-adaptive buffering control as the QoS
control method. For selecting the playout buffering time, we employ a control method
by the user, an automatic control method by using QoE estimation, and switching
methods between the above two control methods. In a subjective experiment, we evaluate the
effect of subject attributes and tasks. As a result of the experiment, we show that it is
possible to achieve higher QoE by using the user-assisted QoS control methods. In addition,
we find that the best QoS control method depends on subject attributes.
キーワード (和) インタラクティブIP通信 / ビデオ・音声・力覚メディア / QoE / ユーザ属性 / 作業内容 / ユーザ援用型QoS制御 / /  
(英) interactive IP communications / audiovisual and haptic / QoE / subject attribute / task / user-assisted QoS control methods / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 131, CQ2014-34, pp. 107-112, 2014年7月.
資料番号 CQ2014-34 
発行日 2014-07-03 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2014-34

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2014-07-10 - 2014-07-11 
開催地(和) 大阪大学基礎工学国際棟セミナー室(大阪大学) 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク制御,ネットワーク最適化,次世代/新世代ネットワークアーキテクチャ,超臨場感コミュニケーション,信頼性,QoEなど,コミュニケーションクオリティ研究会に関するテーマ全般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2014-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声・ビデオ・力覚メディアインタラクティブIP通信におけるユーザ援用型QoE向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) User-Assisted QoE Enhancement in Audiovisual and Haptic Interactive IP Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インタラクティブIP通信 / interactive IP communications  
キーワード(2)(和/英) ビデオ・音声・力覚メディア / audiovisual and haptic  
キーワード(3)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(4)(和/英) ユーザ属性 / subject attribute  
キーワード(5)(和/英) 作業内容 / task  
キーワード(6)(和/英) ユーザ援用型QoS制御 / user-assisted QoS control methods  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 楓 卓 / Suguru Kaede / カエデ スグル
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst.of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 布目 敏郎 / Toshiro Nunome / ヌノメ トシロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst.of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田坂 修二 / Shuji Tasaka / タサカ シュウジ
第3著者 所属(和/英) 名古屋産業科学研究所 (略称: 名古屋産業科学研)
Nagoya Industrial Science Research Institutey (略称: NISRI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2014-07-11 11:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CQ 
資料番号 CQ2014-34 
巻番号(vol) vol.114 
号番号(no) no.131 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数
発行日 2014-07-03 (CQ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会