お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-20 15:00
OFDM/OQAMを用いるFaster-than-NyquistにおけるTDM型参照信号多重のブロック誤り率特性
平野貴大東京都市大)・柿島佑一NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大RCS2014-153
抄録 (和) Faster-Than-Nyquist (FTN)は,シンボル間干渉(ISI: Inter-Symbol Interference)及びサブキャリア間干渉(Inter-subCarrier Interference)を許容して,情報シンボルを高密度多重することにより,周波数利用効率を改善することができる.本稿では,OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing)/OQAM (Offset Quadrature Amplitude Modulation)を用いるFTNにおいて,物理リソースブロックペアを参照信号(RS: Reference Signal)を多重する直交リソースエレメント(RE: Resource Element)領域とFTN多重を行う非直交RE領域に分割し,双方のRE領域を時間分割多重(TDM: Time Division Multiplexing)構成を提案する.TDMベースのRS多重を用いることにより,FTNを適用する情報シンボルからのISI及びICIの影響が非常に小さい高精度なチャネル推定を実現できる.OFDM/OQAMを用いるFTNにおいて,TDMベースのRSを用いたチャネル推定のブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)を理想チャネル推定を仮定した場合の特性と計算機シミュレーションにより比較評価する. 
(英) This paper proposes time division multiplexing (TDM) based reference signal (RS) multiplexing for the non-orthogonal multiplexing employing Faster-than-Nyquist (FTN) for orthogonal frequency division multiplexing (OFDM)/offset quadrature amplitude modulation (OQAM). Accurate channel estimation is essential for FTN using turbo soft interference canceller (SIC). The proposed concept is to divide resource elements (REs) within a physical resource block (PRB) pair into orthogonal RE multiplexing region and non-orthogonal RE multiplexing region by TDM to avoid inter-symbol interference and inter-subcarrier interference incurred from FTN. Then, the RSs for channel estimation are multiplexed in the REs in the orthogonal RE region. By the link-level simulations, we show the TDM based RS multiplexing can achieve the accurate channel estimation such that the loss in the required average received signal-to-noise power ratio (SNR) for satisfying the average block error rate from the case with ideal channel estimation is suppressed to within approximately 2 dB.
キーワード (和) OFDM / Offset QAM / Faster-than-Nyquist / ターボSIC / 参照信号 / チャネル推定 / /  
(英) OFDM / Offset QAM / Faster-than-Nyquist / turbo SIC / reference signal / channel estimation / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 180, RCS2014-153, pp. 85-90, 2014年8月.
資料番号 RCS2014-153 
発行日 2014-08-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-153

研究会情報
研究会 SAT RCS  
開催期間 2014-08-19 - 2014-08-20 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi City Cultura-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) 移動衛星通信、放送、誤り訂正、無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-08-SAT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDM/OQAMを用いるFaster-than-NyquistにおけるTDM型参照信号多重のブロック誤り率特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) TDM Based Reference Signal Multiplexing for Faster-than-Nyquist Signaling Using OFDM/OQAM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) Offset QAM / Offset QAM  
キーワード(3)(和/英) Faster-than-Nyquist / Faster-than-Nyquist  
キーワード(4)(和/英) ターボSIC / turbo SIC  
キーワード(5)(和/英) 参照信号 / reference signal  
キーワード(6)(和/英) チャネル推定 / channel estimation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 貴大 / Takahiro Hirano / ヒラノ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿島 佑一 / Yuichi Kakishima / カキシマ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2014-08-20 15:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2014-153 
巻番号(vol) vol.114 
号番号(no) no.180 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数
発行日 2014-08-12 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会