お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-20 14:55
確率共鳴現象を利用したCT画像における鮮鋭度の改善
山元勇輝内藤啓介遠地志太藤井啓輔川浦稚代名大)・森 政樹名大医学部附属病院)・池田 充今井國治名大IMQ2014-19
抄録 (和) 逐次近似処理(ASIR)は、ノイズ低減に有効な手法であることが広く知られているのと同時に、信号のエッジが不鮮鋭になることも認知されている。以前、筆者らは、確率共鳴をCT画像上で発現させることにより、信号検出能の改善に役立つことを明らかにした。本研究では、ASIR画像に対し、確率共鳴現象による信号のエッジ改善について検討した。その結果、確率共鳴画像は従来の画像よりもCNRが高く、信号のエッジ改善に有効であることが示唆された。 
(英) Recently, the phenomenon called Stochastic Resonance was found in a nonlinear system, and has been applied for many researches in various fields. In the previous study, we have verified that Stochastic Resonance appeared in CT images by adding white-Gaussian noise to CT images and found the suitable noise intensity which maximizes the contrast resolution in CT images. In this study, as further application of Stochastic Resonance, we have investigated whether or not the contour of a low contrast lesion in CT images reconstructed using the iterative reconstruction algorism was improved by this phenomenon.
キーワード (和) 確率共鳴 / 逐次近似法 / 鮮鋭度 / コントラスト分解能 / / / /  
(英) Stochastic Resonance / Iterative Reconstruction / Sharpness / Contrast Resolution / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 386, IMQ2014-19, pp. 17-22, 2014年12月.
資料番号 IMQ2014-19 
発行日 2014-12-13 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2014-19

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2014-12-20 - 2014-12-20 
開催地(和) 名古屋大学 大幸キャンパス 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) 医用画像とIMQ一般 
テーマ(英) Medical Imaging and Image Media Quality 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2014-12-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率共鳴現象を利用したCT画像における鮮鋭度の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Image Sharpness on CT Images Using Stochastic Resonance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 確率共鳴 / Stochastic Resonance  
キーワード(2)(和/英) 逐次近似法 / Iterative Reconstruction  
キーワード(3)(和/英) 鮮鋭度 / Sharpness  
キーワード(4)(和/英) コントラスト分解能 / Contrast Resolution  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山元 勇輝 / Yuki Yamamoto / ヤマモト ユウキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 啓介 / Keisuke Naito / ナイトウ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠地 志太 / Yukihiro Enchi / エンチ ユキヒロ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 啓輔 / Keisuke Fujii / フジイ ケイスケ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川浦 稚代 / Chiyo Kawaura / カワウラ チヨ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 政樹 / Masaki Mori / モリ マサキ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学医学部附属病院 (略称: 名大医学部附属病院)
Nagoya University Hospital (略称: Nagoya Univ. Hospital)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 充 / Mitsuru Ikeda / イケダ ミツル
第7著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 國治 / Kuniharu Imai / イマイ クニハル
第8著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2014-12-20 14:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IMQ2014-19 
巻番号(vol) vol.114 
号番号(no) no.386 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数
発行日 2014-12-13 (IMQ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会