お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 14:10
レーザ網膜作像による弱視支援 ~ 補視器の開発を目指して ~
村井保之日本薬科大)・鈴木 誠菅原 充QDレーザ)・巽 久行宮川正弘筑波技大WIT2014-114
抄録 (和) レーザ網膜作像技術は,弱視者の網膜の活性領域に明瞭な像を作成することができ,その人の固有の視力を使うことにより,多くの場合,見ることが可能となる.本稿では先ず,
1. ヘッドマウントディスプレイ(HMD)による“補視器”の開発,
2. 視野の活性領域の精密な測定,
など,この技術の応用可能な例を述べる.次に,補視器の要件としての能力をいくつか挙げる.例えば,視野内に非常口の絵文字が存在することをパターン認識技術(SURF法など)で検出する,などの予備実験の結果を示す. 
(英) Laser Retina Imaging technology enables creation of a clear picture in active retina area of low vision individual, and so, in many cases, he (or she) can see it by his (or her) own eyesight. In this article we describe possible applications of this technology, including
1. Development of eyesightaid, an HMD on which this technology is implemented,
2. Creating an active area map of low vision individual precisely.
Lastly, we list up requirements for the eyesightaid, and show the result of our preliminary experiment as an example that it is possible to detect a pictogram (“Emergency Exit”) in the view by using pattern recognition programs (e.g., SURF method).
キーワード (和) 弱視 / 視認支援 / ヘッドマウントディスプレイ / 補視器 / 視覚情報補償 / / /  
(英) Low vision / Aid of visual recognition / Head mounted display / Eyesightaid / Ensuring visual information / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 512, WIT2014-114, pp. 165-170, 2015年3月.
資料番号 WIT2014-114 
発行日 2015-03-06 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2014-114

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2015-03-13 - 2015-03-14 
開催地(和) 筑波技術大学 春日キャンパス 
開催地(英) Kasuga Campus, Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 福祉情報工学、一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2015-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レーザ網膜作像による弱視支援 
サブタイトル(和) 補視器の開発を目指して 
タイトル(英) Low Vision Aid through Laser Retina Imaging 
サブタイトル(英) Toward Building Eyesightaid 
キーワード(1)(和/英) 弱視 / Low vision  
キーワード(2)(和/英) 視認支援 / Aid of visual recognition  
キーワード(3)(和/英) ヘッドマウントディスプレイ / Head mounted display  
キーワード(4)(和/英) 補視器 / Eyesightaid  
キーワード(5)(和/英) 視覚情報補償 / Ensuring visual information  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 保之 / Yasuyuki Murai / ムライ ヤスユキ
第1著者 所属(和/英) 日本薬科大学 (略称: 日本薬科大)
Nihon Pharmaceutical University (略称: Nihon Pharmaceutical Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 誠 / Makoto Suzuki / スズキ マコト
第2著者 所属(和/英) 株式会社QDレーザ (略称: QDレーザ)
QD Laser, Inc. (略称: QD Laser)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 充 / Mitsuru Sugawara / スガワラ ミツル
第3著者 所属(和/英) 株式会社QDレーザ (略称: QDレーザ)
QD Laser, Inc. (略称: QD Laser)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 巽 久行 / Hisayuki Tatsumi / タツミ ヒサユキ
第4著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮川 正弘 / Masahiro Miyakawa / ミヤカワ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba Univ. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-03-14 14:10:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 WIT 
資料番号 WIT2014-114 
巻番号(vol) vol.114 
号番号(no) no.512 
ページ範囲 pp.165-170 
ページ数
発行日 2015-03-06 (WIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会