お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-29 10:45
マルチホップネットワークを介したフィードバック制御系の性能解析
今井 優矢代大祐弓場井一裕駒田 諭三重大RCC2015-14 MICT2015-14
抄録 (和) フィードバックループ内のむだ時間は制御系を容易に不安定化させることが知られている.
しかしながら, ネットワークを介したフィードバック制御では、ネットワーク部において無視できないむだ時間が生じることが多い.
この課題に対して近年, 実時間通信を実現する通信規格であるSTDMA(Synchronous Time Division Multiple Access)の研究が進められているが, どのようなリンクスケジューリングがフィードバック制御に適しているかは明らかになっていない.
そこで本研究では、マルチホップネットワークに対してFIFO(First In First Out), SAS(Sequential Activation Scheduling), NAS(Non Sequential Activation Scheduling)と呼ばれる3種類のリンクスケジューリングを適用した場合の制御系の性能解析をおこなう.
また、解析結果の妥当性をリニアモータの位置制御の実験により示す. 
(英) Delay time in the feedback loop easily destabilizes control systems, and a feedback control system over a network often includes the delay time which is not negligible.
To solve this problem, although protocols to achieve real-time communication such as STDMA(Synchronous Time Division Multiple Access) have been researched, suitable scheduling for feedback control is unrevealed.
This paper therefore applies three types of link scheduling called FIFO(First In First Out), SAS(Sequential Activation Scheduling) and NAS(Non Sequential Activation Scheduling) to a feedback control system over a multi-hop network, and the control performance is analyzed.
In addition, the validity of analytical results is shown by experiment of a position control of the linear motors.
キーワード (和) むだ時間 / フィードバック制御 / ネットワーク / STDMA / FIFO / SAS / NAS /  
(英) Delay time / Feedback control / Network / STDMA / FIFO / SAS / NAS /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 58, RCC2015-14, pp. 65-70, 2015年5月.
資料番号 RCC2015-14 
発行日 2015-05-21 (RCC, MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2015-14 MICT2015-14

研究会情報
研究会 RCC MICT  
開催期間 2015-05-28 - 2015-05-29 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) 高信頼制御通信, ヘルスケア・医療情報通信技術, 一般 
テーマ(英) Reliable Communication and Control, Healthcare and Medical Information Communication Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2015-05-RCC-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチホップネットワークを介したフィードバック制御系の性能解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Feedback Control System over Multi-hop Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) むだ時間 / Delay time  
キーワード(2)(和/英) フィードバック制御 / Feedback control  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク / Network  
キーワード(4)(和/英) STDMA / STDMA  
キーワード(5)(和/英) FIFO / FIFO  
キーワード(6)(和/英) SAS / SAS  
キーワード(7)(和/英) NAS / NAS  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 優 / Yu Imai / イマイ ユウ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢代 大祐 / Daisuke Yashiro / ヤシロ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 弓場井 一裕 / Kazuhiro Yubai / ユバイ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 駒田 諭 / Satoshi Komada / コマダ サトシ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-05-29 10:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCC 
資料番号 RCC2015-14, MICT2015-14 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.58(RCC), no.59(MICT) 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数
発行日 2015-05-21 (RCC, MICT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会