お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-04 14:10
Shunt-type AANの問題点に関する理論考察
杉浦 行京大)・平澤徳仁NTT東日本)・高谷和宏NTT)・雨宮不二雄NTT-AT)・和田修己京大EMCJ2015-55
抄録 (和) 機器の通信ポートから出る伝導妨害波は,コモンモードインピーダンス150の不平衡擬似回路網(AAN)によって測定することが CISPR 32 に定められている.このため,本論文ではCISPR 16-1-2に記載されているShunt-type AANを理論的・実験的に研究した.その結果,Shunt-type AANには以下の問題があることが分かった.
(1) LCLが35 dBより低いShunt-type AANでは,妨害波電圧測定値と実際に流れるコモンモード電流値の比が規格値の150 から1.0 dB以上異なる..
(2) LCLの値に関わらず,Shunt-type AANは,妨害波電圧測定値とコモンモード電流の比が供試装置のコモンモードインピーダンスによって大きく左右される. 
(英) An AAN is employed in the conducted disturbance measurements at a telecom port of an EUT. It is requested to show the ratio of the measured common-mode voltage to the common-mode current flowing into the AAN being equal to the common-mode impedance Zcom of 150. However, the present paper shows the following serious issues:
(1) Common-mode voltage measurements using a shunt-type AAN of LCL less than 35 dB yield inaccurate estimates of the common-mode current with errors more than 1.0 dB.
(2) Even if the conventional shunt-type AAN has a very good LCL, such as 55 dB, it may yield erroneous disturbance voltages where the voltage/current ratio widely varies with the common-mode impedance of the EUT and the measurement frequency.
キーワード (和) 不平衡擬似回路網 / AAN / 通信ポート / 妨害波測定 / / / /  
(英) Asymmetric artificial network / AAN / Telecommunication port / Disturbance measurement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 217, EMCJ2015-55, pp. 13-18, 2015年9月.
資料番号 EMCJ2015-55 
発行日 2015-08-28 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2015-55

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2015-09-04 - 2015-09-04 
開催地(和) けいはんなプラザ 
開催地(英) Keihanna Plaza 
テーマ(和) PCB,EMC一般 
テーマ(英) PCB, EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2015-09-EMCJ 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Shunt-type AANの問題点に関する理論考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theoretical Analysis of the Characteristics of the Shunt-Type AAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 不平衡擬似回路網 / Asymmetric artificial network  
キーワード(2)(和/英) AAN / AAN  
キーワード(3)(和/英) 通信ポート / Telecommunication port  
キーワード(4)(和/英) 妨害波測定 / Disturbance measurement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉浦 行 / Akira Sugiura / スギウラ アキラ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平澤 徳仁 / Norihito Hirasawa / ヒラサワ ノリヒト
第2著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
NTT East Corporation (略称: NTT East)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 和宏 / Kazuhiro Takaya / タカヤ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Network Technology Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 雨宮 不二雄 / Fujio Amemiya / アメミヤ フジオ
第4著者 所属(和/英) NTTアドバンステクノロジ株式会社 (略称: NTT-AT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT AT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 修己 / Osami Wada / ワダ オサミ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-09-04 14:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 EMCJ2015-55 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.217 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2015-08-28 (EMCJ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会