お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-10 12:40
iBeaconを用いた災害時生き埋め被災者発見システムの改善
新井友太永長知孝関東学院大ITS2015-89
抄録 (和) 本稿では,BLE(Bluetooth Low Energy)通信の一つであるiBeaconを用いることで,インフラ環境が利用できない状況でも被災者発見を行えるシステムの検討が行われている.本システムは通信モードとビーコンモード,二つの機能を備えている.通信モードは通信インフラが利用できる場合に動作し,被災者用アプリからWi-Fiもしくは基地局通信を用いて特定のサーバへ位置情報,送信日時の送信を行い,救助者はこれらの情報を元に被災者捜索を行う.通信モードが使用できない状況では,被災者用アプリはビーコンモードへ自動的に移行し,救助者用端末から発信するビーコン電波範囲内に入るまで受信待機状態となる.ビーコンモードを使用することで被災者発見を行えるのか確認するため,被災者探索実験が行われている.その結果,GPSの位置情報と計測したRSSI最大値をひも付けしたデータを用いることで,被災者発見へと至ることができる. 
(英) This paper studies an improvement of rescue system for buried victims in Earthquake using iBeacon. The proposed system can rescue the victims when the network infrastructure is down. The smartphone application for victims in the proposed system operates in two mode. One is the communication mode which corresponds to the conventional rescue application in the LIFE LINE system. Another is the beacon mode which operates without any network infrastructure. The victim’s terminal search experiments are carried out for the confirmation of the search algorithm of victims using iBeacon. It is shown that the rescuers can find the victims by using position information from GPS and RSSI of iBeacon in the proposed system.
キーワード (和) 被災者救助システム / iBeacon / Bluetooth / BLE / RSSI / / /  
(英) Rescue System / iBeacon / Bluetooth / BLE / RSSI / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 504, ITS2015-89, pp. 29-34, 2016年3月.
資料番号 ITS2015-89 
発行日 2016-03-03 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2015-89

研究会情報
研究会 ITS IEE-ITS  
開催期間 2016-03-10 - 2016-03-10 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) ITS情報処理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2016-03-ITS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) iBeaconを用いた災害時生き埋め被災者発見システムの改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Improvement of Rescue System for Buried Victims in Earthquake Using iBeacon 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 被災者救助システム / Rescue System  
キーワード(2)(和/英) iBeacon / iBeacon  
キーワード(3)(和/英) Bluetooth / Bluetooth  
キーワード(4)(和/英) BLE / BLE  
キーワード(5)(和/英) RSSI / RSSI  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 友太 / Yuta Arai / アライ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 関東学院大学 (略称: 関東学院大)
Kanto Gakuin University (略称: Kanto Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永長 知孝 / Tomotaka Nagaosa / ナガオサ トモタカ
第2著者 所属(和/英) 関東学院大学 (略称: 関東学院大)
Kanto Gakuin University (略称: Kanto Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-03-10 12:40:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 ITS 
資料番号 ITS2015-89 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.504 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数
発行日 2016-03-03 (ITS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会