お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-27 14:30
線画の回転操作および観察行動時における知覚交代の発生について
壹岐朔巳大澤理恵今福翔太白山 晋東大AI2016-7
抄録 (和) 人間がシステムから受け取る情報の中で,視覚情報の占める割合は大きい.このため,知覚交代のような,視覚認知の曖昧性に起因するヒューマンエラーの発生を低減する必要がある.本稿では,線画に対する,被験者の回転操作,観察行動,知覚交代の発生を説明しうるデータの取得手段,および得られたデータ間の関係を調べるための手法を提案する.また,被験者実験から得られたいくつかの知見を示す. 
(英) Visual information accounts for a large percentage of information humans receive from the environment. Therefore, there is a need to reduce the occurrence of human error that results from the visual ambiguities like perceptual alternation. In this paper, we propose the method to acquire and to analyze the data that can explain the relations between behavior of rotating or observing a wireframe object and the occurrence of perceptual alternation. Some new findings obtained from human subjects’ experiments are demonstrated.
キーワード (和) 知覚交代 / 線画 / 回転操作 / 観察行動 / 視線計測 / 視線分析 / /  
(英) Perceptual Alternation / Wireframe / Rotation / Observing Behavior / Eye Tracking / Eye-tracking Analysis / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 117, AI2016-7, pp. 37-42, 2016年6月.
資料番号 AI2016-7 
発行日 2016-06-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2016-7

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2016-06-27 - 2016-06-27 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 「人間共生システム」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2016-06-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線画の回転操作および観察行動時における知覚交代の発生について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Perceptual Alternation Induced in the Act of Rotating and Observing a Wireframe Object 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 知覚交代 / Perceptual Alternation  
キーワード(2)(和/英) 線画 / Wireframe  
キーワード(3)(和/英) 回転操作 / Rotation  
キーワード(4)(和/英) 観察行動 / Observing Behavior  
キーワード(5)(和/英) 視線計測 / Eye Tracking  
キーワード(6)(和/英) 視線分析 / Eye-tracking Analysis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 壹岐 朔巳 / Sakumi Iki / イキ サクミ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 理恵 / Rie Osawa /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今福 翔太 / Shota Imafuku /
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白山 晋 / Susumu Shirayama /
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-06-27 14:30:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 AI 
資料番号 AI2016-7 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.117 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数
発行日 2016-06-20 (AI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会