お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-14 12:40
トップ木に基づく木圧縮法の実装と問合せ処理法の提案
西村 卓橋本健二関 浩之名大SS2016-10 KBSE2016-16
抄録 (和) 木構造に対する様々な圧縮法が提案されているが,トップ木と呼ばれるデータ構造に基づく圧縮法については実際的な圧縮性能に関する研究がほとんどなされていなかった.本稿ではトップ木に基づく圧縮法TopTreeを実装し,実用規模のXML文書を用いて圧縮率の点から評価する.さらに,決定性選択トップダウン木オートマトンを用い,タグ名による直接問合せを行う方法を提案する. 
(英) Tree compression methods that utilize the structural information have the advantage that a compressed document can be directly scanned without decompression. Among such methods, we focus on a method with top trees in this paper. We implemented the proposed method and conducted experiments on XML documents of practical size in terms of compression ratio. We also propose a method for manipulating a tree compressed with a top tree without uncompressing the document. Deterministic selecting top-down tree automata are used for
specifying positions in a tree.
キーワード (和) XML / 木圧縮 / 木オートマトン / トップ木 / 問合せ / / /  
(英) XML / tree compression / tree automaton / top tree / query / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 127, SS2016-10, pp. 93-98, 2016年7月.
資料番号 SS2016-10 
発行日 2016-07-06 (SS, KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2016-10 KBSE2016-16

研究会情報
研究会 KBSE SS IPSJ-SE  
開催期間 2016-07-13 - 2016-07-15 
開催地(和) 北海道立道民活動センター 
開催地(英)  
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2016-07-KBSE-SS-SE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トップ木に基づく木圧縮法の実装と問合せ処理法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method of Tree Compression with Top Trees and Direct Query Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) XML / XML  
キーワード(2)(和/英) 木圧縮 / tree compression  
キーワード(3)(和/英) 木オートマトン / tree automaton  
キーワード(4)(和/英) トップ木 / top tree  
キーワード(5)(和/英) 問合せ / query  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 卓 / Suguru Nishimura / ニシムラ スグル
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 健二 / Kenji Hashimoto / ハシモト ケンジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 浩之 / Hiroyuki Seki / セキ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-07-14 12:40:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 SS 
資料番号 SS2016-10, KBSE2016-16 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.127(SS), no.128(KBSE) 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数
発行日 2016-07-06 (SS, KBSE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会