お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-25 14:20
時変極解析によるスイッチング電源ノイズの特徴抽出
石山文彦鈴木康直奧川雄一郎高谷和宏NTTSIP2016-74
抄録 (和) 我々は、電磁ノイズによる通信設備の故障の低減を目的とする、通信EMC(電磁両立性)技術を研究対象にしている。近年、インバータ機器をはじめとしたスイッチング電源の普及が進んでおり、それらのDC/ACインバータによるスイッチングノイズが、スイッチング電源から給電される通信機器に及ぼす影響について、定量評価する必要が高まっている。しかし、スイッチングノイズはトランジェント波形であるにもかかわらず、模擬波形としてAM変調波形や正弦波の断続波形が用いられている現状がある。そこで我々は、独自に開発したトランジェント解析手法を用いて実測ノイズ波形の特徴抽出をおこない、合理性の高いモデル波形提案の試みを進めている。我々のトランジェント解析手法は特殊な数学的方法で定式化されていることから、これをできるだけ一般的な数学的方法を用いて記述することをここで試みるとともに、その実測ノイズ波形への適用事例を報告する。 
(英) We are investigating methods of countermeasure against electric noise on telecommunication lines and on power lines. Switching power supplies are becoming used commonly these days, and the need of countermeasure against the switching noise from their DC/AC inverters is increasing. A model waveform which emulates the current waveform of their switching noise is required to test the immunity level of telecommunication equipment. However, the adequate model waveform for the test is still unclear. Therefore, we analyzed the current waveform of switching noise of a switching power supply to establish the model waveform for the test. For the purpose, we analyzed the current waveform of a switching power supply with our own method of transient signal analysis to extract the characteristics of the waveform. We found it possible to build a model waveform of the switching noise by using the extracted characteristics with our own method.
キーワード (和) EMC / 時変極解析 / スイッチング電源 / スイッチングノイズ / / / /  
(英) EMC / time-variant pole analysis / switching power supply / switching noise / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 196, SIP2016-74, pp. 11-16, 2016年8月.
資料番号 SIP2016-74 
発行日 2016-08-18 (SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2016-74

研究会情報
研究会 SIP  
開催期間 2016-08-25 - 2016-08-26 
開催地(和) 千葉工業大学 津田沼キャンパス 
開催地(英) Chiba Institute of Technology, Tsudanuma Campus 
テーマ(和) 数理,学習,信号処理一般(画像・音声音響・通信・実現システム・基礎等) 
テーマ(英) Fundamental theory, machine learning, and signal processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2016-08-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時変極解析によるスイッチング電源ノイズの特徴抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Time-variant pole analysis for characterizing noise of switching power supplies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) EMC / EMC  
キーワード(2)(和/英) 時変極解析 / time-variant pole analysis  
キーワード(3)(和/英) スイッチング電源 / switching power supply  
キーワード(4)(和/英) スイッチングノイズ / switching noise  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石山 文彦 / Fumihiko Ishiyama / イシヤマ フミヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 康直 / Yasunao Suzuki / スズキ ヤスナオ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奧川 雄一郎 / Yuichiro Okugawa / オクガワ ユウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 和宏 / Kazuhiro Takaya / タカヤ カズヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-08-25 14:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SIP 
資料番号 SIP2016-74 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.196 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数
発行日 2016-08-18 (SIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会