お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-22 13:25
積極的アプローチによる,多様な学習者に対応した学習者支援環境の研究 ~ 試行報告 ~
坪倉篤志高橋淳一郎福島 学鈴木秀男日本文理大ET2016-47
抄録 (和) 学習者のユニバーサル化に伴い,多様な学習者が,同じ教室で授業を受ける状況が増えてきた.学習者の中には問題を解決できず,授業についていけないが,質問もできず授業を受け続ける学習者がいる.本研究では,授業への取り組みから,要支援学習者を特定し,授業スタッフが積極的に対応を行う「積極的アプローチ」に取り組んでいる.本稿では今回,授業において試行した結果について報告する. 
(英) the universal of the learner, a variety of learners, take a class situation in the same classroom has increased. Can not resolve the problem in the learner, but not keep up with the class, can not even question received a lesson in. this study to continue learners are, from the commitment to teaching, to identify the main support learners, teaching staff are working on " Behavioral Approach" to perform respond positively. In this paper, we report on the result of the trial in the class.
キーワード (和) 学習者支援体制 / 学習環境 / 積極的アプローチ / 振り返り学習 / 相互評価 / / /  
(英) Student Support Environment / Learning Environment / Behavioral Approach / Reflective learning / Peer Assessment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 266, ET2016-47, pp. 33-38, 2016年10月.
資料番号 ET2016-47 
発行日 2016-10-15 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2016-47

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2016-10-22 - 2016-10-22 
開催地(和) 長崎大学(文教キャンパス) 
開催地(英) Nagasaki Univ. (Bunkyo Campus) 
テーマ(和) 新しいメディア・デバイスを活用した教育・学習支援環境/一般 
テーマ(英) Education and Learning Support Environment with New Media and Devices, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2016-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 積極的アプローチによる,多様な学習者に対応した学習者支援環境の研究 
サブタイトル(和) 試行報告 
タイトル(英) Behavioral approach on Leaner Support Environment for Various Learners 
サブタイトル(英) traial report 
キーワード(1)(和/英) 学習者支援体制 / Student Support Environment  
キーワード(2)(和/英) 学習環境 / Learning Environment  
キーワード(3)(和/英) 積極的アプローチ / Behavioral Approach  
キーワード(4)(和/英) 振り返り学習 / Reflective learning  
キーワード(5)(和/英) 相互評価 / Peer Assessment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪倉 篤志 / Atsushi Tsubokura / ツボクラ アツシ
第1著者 所属(和/英) 日本文理大学 (略称: 日本文理大)
Nippon Bunri University (略称: NBU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 淳一郎 / Junichiro Suzuki / タカハシ ジュンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 日本文理大学 (略称: 日本文理大)
Nippon Bunri University (略称: NBU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 学 / Manabu Fukushima / フクシマ マナブ
第3著者 所属(和/英) 日本文理大学 (略称: 日本文理大)
Nippon Bunri University (略称: NBU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 秀男 / Hideo Suzuki / スズキ ヒデオ
第4著者 所属(和/英) 日本文理大学 (略称: 日本文理大)
Nippon Bunri University (略称: NBU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-10-22 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ET 
資料番号 ET2016-47 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.266 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数
発行日 2016-10-15 (ET) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会