お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-25 13:00
トリウム被覆されたW電界放射陰極の電流放出特性
山梨遼太郎根尾陽一郎静岡大)・大野輝昭テクネックス工房)・三村秀典静岡大ED2016-43 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2016-43
抄録 (和) タングステン電界放射陰極(W-FE)は,タングステン熱放射陰極と比較して放出電子のエネルギー分布が狭く高い輝度を有するカソードとして走査型,透過型電子顕微鏡(SEM,TEM)の光源として広く用いられてきました.しかし,単結晶W-FEは高価であり,定期的なフラッシング処理が必要となり,チップ先端の形状が変化してしまうという点から寿命や取り扱いが複雑であるという性質がある.
我々は,トリエーテッドタングステンワイヤ(Th-W)を用いて,安価で取り扱いが容易かつW-FEよりも高輝度なカソードを目的として開発を行ってきた.本報告では,W表面がトリウムに被覆される過程とその電流電圧特性の変化を示す. 
(英) Tungsten based field emission cathode(W-FE) has been used for SEM as high brightness and narrow energy distribution cathode compare with thermal emission cathode(W-FIL). However, W-FE (Single crystal) has some problems, that is expensive and complex for modification by regular flashing process.
We have been studied about Thoriated-Tungsten(Th-W) field emission cathode fabricated from Th-W wires to achieve low-cost and easy to use, high brightness cathode. In this report, we report the process of covering with Thorium and changing I-V characteristics with the thermal processing.
キーワード (和) 電界放射陰極 / トリエーテッドタングステン / トリウム / 仕事関数 / / / /  
(英) Field emission cathode / Thoriated-Tungsten / Thorium / Work function / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 268, ED2016-43, pp. 1-4, 2016年10月.
資料番号 ED2016-43 
発行日 2016-10-18 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2016-43 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2016-43

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2016-10-25 - 2016-10-26 
開催地(和) 三重大学 新産業創成研究拠点(旧VBL) 
開催地(英)  
テーマ(和) 電子管と真空ナノエレクトロニクス及びその評価技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2016-10-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トリウム被覆されたW電界放射陰極の電流放出特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) I-V characteristics of W-FE covered with Thorium 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電界放射陰極 / Field emission cathode  
キーワード(2)(和/英) トリエーテッドタングステン / Thoriated-Tungsten  
キーワード(3)(和/英) トリウム / Thorium  
キーワード(4)(和/英) 仕事関数 / Work function  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山梨 遼太郎 / Yamanashi Ryotaro / ヤマナシ リョウタロウ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 根尾 陽一郎 / Yoichiro Neo / ネオ ヨウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 輝昭 / Teruaki Ohno / オオノ テルアキ
第3著者 所属(和/英) テクネクス工房 (略称: テクネックス工房)
Technex (略称: Technex)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三村 秀典 / Hidenori Mimura / ミムラ ヒデノリ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-10-25 13:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ED 
資料番号 ED2016-43 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.268 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2016-10-18 (ED) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会