お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-07 15:30
教育の内部質保証システムに対する大学の認識の多様性
渋井 進高橋 望大学改革支援・学位授与機構
抄録 (和) 近年、高等教育における質保証は、大学が自らの責任で点検・評価を行い、自ら改善を進める内部質保証システムの構築を重視する方向へと移行しつつある。その一方で、大学の内部質保証システムに関する認識が統一されておらず、その評価に際し、大学および評価機関の双方にとって負担が生じている。この状況を支援するために、大学が自己評価書に記述した「教育の内部質保証システム」の関連部分を分析することで、指標・エビデンスを抽出し、大学の認識の多様性について可視化を行った。頻出語の経年推移から大学の認識の変化が明らかになり、クラスター分析を適用することで記述パターンの類型化がなされた。これらの結果は、大学の内部質保証システムに対する認識の現状を明らかにし、今後の評価システムを検討する際の基礎的データとなるものである。 
(英) Recent research indicates that main attention of quality assurance of higher education has been directed to the internal quality assurance (IQA) based approach. However, the difference of university’s recognition of the IQA system of teaching and learning makes it difficult to perform the evaluation for both universities and evaluation institutions. Therefore, this study examines the diversities of universities’ interpretation of the IQA system using the text-mining approach from the past self-evaluation reports. Morphological analysis was used to extract words that indicated the IQA system from self-evaluation reports. The patterns of frequently referred indicators and evidences showed the annual changes and cluster analysis revealed the patterns of universities’ recognition of the IQA system. These results are useful for setting the standardized indicators and evidences for measuring the IQA system.
キーワード (和) 内部質保証 / 大学評価 / 自己評価書 / テキストマイニング / / / /  
(英) Internal Quality Assurance / University Evaluation / Self-evaluation Reports / Text Mining / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN  
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2016-12-07 - 2016-12-09 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi City Culture Plaza (CUL-PORT) 
テーマ(和) HCGシンポジウム2016 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2016-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 教育の内部質保証システムに対する大学の認識の多様性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on the diversity of universities' recognition of internal quality assurance system of teaching and learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 内部質保証 / Internal Quality Assurance  
キーワード(2)(和/英) 大学評価 / University Evaluation  
キーワード(3)(和/英) 自己評価書 / Self-evaluation Reports  
キーワード(4)(和/英) テキストマイニング / Text Mining  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渋井 進 / Susumu Shibui /
第1著者 所属(和/英) 大学改革支援・学位授与機構 (略称: 大学改革支援・学位授与機構)
National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education (略称: NIAD-QE)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 望 / Nozomi Takahashi /
第2著者 所属(和/英) 大学改革支援・学位授与機構 (略称: 大学改革支援・学位授与機構)
National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education (略称: NIAD-QE)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-12-07 15:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会