お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-21 14:45
混合ノイズを考慮したHybrid Spatio-Spectral Total Variation正則化によるハイパースペクトル画像復元
武山彩織小野峻佑熊澤逸夫東工大ITS2016-58 IE2016-116
抄録 (和) ハイパースペクトル画像(HSI)は通常のカラー画像と比較して,より細かい波長情報を有しているため,幅広い分野で利用されている.一方,HSIを取得する際に様々な種類のノイズによる劣化が避けられないため,適切なノイズ除去手法が必要となる.本研究では,HSI復元のための正則化であるHybrid Spatio-Spectral Total Variation (HSSTV)を用いたノイズ除去手法を提案する.提案法では,通常のガウシアンノイズに加えて,インパルスノイズやラインノイズなどのスパースノイズも同時に考慮する.具体的には,この混合ノイズ除去問題を両者のノイズの性質を加味した制約付き凸最適化問題として定式化し,これを適切な式変形ののち交互方向乗数法(ADMM)を用いて解くことで所望のHSIを復元する.混合ノイズ除去の実験より,いくつかの既存手法に対するHSSTVの優位性を示した. 
(英) Since hyperspectral image (HSI) contains rich spectral information, it has been recognized as a key technology in many fields. Meanwhile, various noises are inevitable when we capture an HSI, so that some noise removal methods are required. This paper propose a new method of removing mixed noise in an HSI. Specifically, our method considers not only Gaussian noise but also textit{Sparse noise} (e.g., impulse noise and line noise), and it utilizes Hybrid Spatio-Spectral Total Variation (HSSTV), which is an effective regularization technique for HSIs based on their spatial and spectral smoothness. The mixed noise removal problem is formulated as a constrained convex optimization problem that takes the characteristics of both noise into account, and then it is efficiently solved by the so-called alternating direction method of multipliers (ADMM). Experiments on denoising of a mixed noise demonstrate the advantage of HSSTV over state-of-the-art methods.
キーワード (和) ハイパースペクトル画像 / ノイズ除去 / 混合ノイズ / ADMM / / / /  
(英) hyperspectral image / denoising / mixed noise / ADMM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 464, IE2016-116, pp. 281-285, 2017年2月.
資料番号 IE2016-116 
発行日 2017-02-13 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2016-58 IE2016-116

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2017-02-20 - 2017-02-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2017-02-IE-ITS-AIT-HI-ME-MMS-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 混合ノイズを考慮したHybrid Spatio-Spectral Total Variation正則化によるハイパースペクトル画像復元 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mixed noise removal of hyperspectral images by hybrid spatio-spectral total variation reguralization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイパースペクトル画像 / hyperspectral image  
キーワード(2)(和/英) ノイズ除去 / denoising  
キーワード(3)(和/英) 混合ノイズ / mixed noise  
キーワード(4)(和/英) ADMM / ADMM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武山 彩織 / Saori Takeyama / タケヤマ サオリ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Univercity (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 峻佑 / Shunsuke Ono / オノ シュンスケ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Univercity (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊澤 逸夫 / Itsuo Kumazawa / クマザワ イツオ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Univercity (略称: Tokyo Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-02-21 14:45:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 IE 
資料番号 ITS2016-58, IE2016-116 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.463(ITS), no.464(IE) 
ページ範囲 pp.281-285 
ページ数
発行日 2017-02-13 (ITS, IE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会