お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 14:50
倍精度浮動小数点対数関数のFPGA向き計算法
藤原康史高木一義高木直史京大CPSY2016-156 DC2016-102
抄録 (和) 浮動小数点数演算標準IEEE754が2008年に改定され,正確に計算すべき関数として36個の関数が提示された.またFPGAの大規模化,高性能化により,FPGAをデータセンタやスーパーコンピュータのアクセラレータとして用いる動きがある.この時,FPGA上に関数計算回路を構成することにより性能の向上が期待でき,そのため倍精度浮動小数点関数計算FPGAライブラリが有効だと考えられる.本研究ではIEEE754-2008標準準拠の倍精度対数 関数を計算するFPGA向きの手法を提案する.提案手法ではテーブルと乗算を用いた多段階の引数縮小とテイラー展開を用いた近似を行う.また,丸めを誤る入力を予め特定し,修正を行うことで正確丸めに必要な精度を低減する.引数縮小の回数と近似の次数はトレードオフになっており,このパラメータの値を定める手法についても述べる. 
(英) Floating-point arithmetic standard IEEE 754 was revised in 2008, and it presents 36 functions that should be calculated correctly. And, due to the high performance of the FPGA, there is a movement to use the FPGA as an accelerator of a data center or supercomputer. At this time, we can expect improvement in performance by configuring circuits for function calculation on the FPGA. For that purpose we are planning a double precision floating point function calculation FPGA library. In this research, we propose a calculation method for FPGA which computes double precision logarithmic function conforming to IEEE 754-2008 standard. In the method, we perform multilevel argument reduction using tables and multiplications, and approximation using Taylor expansion. In addition, by correcting the value when the rounding is mistaked, intermediate precision necessary for accurate rounding is reduced. There is a tradeoff between the number of argument reductions and the order of approximation, and we describe the method of determining these parameters.
キーワード (和) IEEE754-2008 / 倍精度 / 対数関数 / FPGA / / / /  
(英) IEEE754-2008 / double-precision / log function / FPGA / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 510, CPSY2016-156, pp. 363-367, 2017年3月.
資料番号 CPSY2016-156 
発行日 2017-03-02 (CPSY, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPSY2016-156 DC2016-102

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-SLDM IPSJ-EMB IPSJ-ARC  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 具志川農村環境改善センター 
開催地(英) Kumejima Island 
テーマ(和) 組込み技術とネットワークに関するワークショップETNET2017 
テーマ(英) ETNET20167 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2017-03-CPSY-DC-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 倍精度浮動小数点対数関数のFPGA向き計算法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Double-precision floating-point logarithm calculation method for FPGA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE754-2008 / IEEE754-2008  
キーワード(2)(和/英) 倍精度 / double-precision  
キーワード(3)(和/英) 対数関数 / log function  
キーワード(4)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 康史 / Yasufumi Fujiwara / フジワラ ヤスフミ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 一義 / Kazuyoshi Takagi / タカギ カズヨシ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直史 / Naofumi Takagi / タカギ ナオフミ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-03-10 14:50:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 CPSY2016-156, DC2016-102 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.510(CPSY), no.511(DC) 
ページ範囲 pp.363-367 
ページ数
発行日 2017-03-02 (CPSY, DC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会