お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-27 15:25
強力集束超音波の焦点走査が音響化学反応に及ぼす影響
益子大作西高慎也岩崎亮祐マキシム ラフォン吉澤 晋梅村晋一郎東北大US2017-25
抄録 (和) 強力集束超音波(HIFU)治療では治療時間短縮のために治療効率の向上が必要とされている.HIFU治療にはキャビテーション気泡の高温・高圧場を利用した音響化学療法がある.キャビテーション気泡の反応場に加え,音響活性物質を用いることで,活性酸素種が生成され,その細胞毒性によってがんを死滅させることができ,HIFUの熱治療では治療困難な部位への使用が期待されている.熱治療においては焦点走査をすることで治療効率向上が図れるが,音響化学療法についてはあまり知られていない.本研究では治療用の多素子からなるアレイトランスデューサで焦点走査を行い,ルミノール反応によって活性酸素種の生成領域を定量的に評価し,キャビテーション気泡の持続的な振動が活性酸素種の生成に有効であることを示した. 
(英) High-intensity focused ultrasound (HIFU) permits on achieving energy deposition in a non-invasive manner. Such intense acoustic fields can induce temperature rise as well as acoustic cavitation. This last phenomenon is known to generate radical oxygen species (ROS), triggering the anti-cancer properties of sonosensitive substances. To optimize the generation of cavitation is a key point to reduce the HIFU exposure dose and consequently increase the safety of this method. In this particular study, a focus scanning technique is employed to widen the size of the cavitation cloud. The observations of the generated ROS via luminol reaction shows that this method does not maximize the volume exposed to ROS produced by cavitation. However, it is demonstrated that the timing of the sonication sequence plays a major role.
キーワード (和) 強力集束超音波 / 音響化学療法 / キャビテーション気泡 / / / / /  
(英) HIFU / Sonodynamic Therapy / Cavitation Bubble / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 111, US2017-25, pp. 25-30, 2017年6月.
資料番号 US2017-25 
発行日 2017-06-20 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2017-25

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2017-06-27 - 2017-06-27 
開催地(和) 東京大学・本郷キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用超音波,アコースティックイメージング,一般 (共催:日本超音波医学会,基礎技術研究会,日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2017-06-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 強力集束超音波の焦点走査が音響化学反応に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of focus scanning repetition frequency in high-intensity focused ultrasound exposure on sonochemical reaction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 強力集束超音波 / HIFU  
キーワード(2)(和/英) 音響化学療法 / Sonodynamic Therapy  
キーワード(3)(和/英) キャビテーション気泡 / Cavitation Bubble  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 益子 大作 / Daisaku Mashiko / マシコ ダイサク
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西高 慎也 / Shin-ya Nishitaka / ニシタカ シンヤ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 亮祐 / Ryosuke Iwasaki / イワサキ リョウスケ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) マキシム ラフォン / Maxime Lafond / マキシム ラフォン
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 晋 / Shin Yoshizawa / ヨシザワ シン
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅村 晋一郎 / Shin-ichiro Umemura / ウメムラ シンイチロウ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-06-27 15:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 US 
資料番号 US2017-25 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.111 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数
発行日 2017-06-20 (US) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会