お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-10 16:40
学生の自発的な省察を促すには ~ 学生主体の放課後プログラムを事例として ~
市本早香富田英司愛媛大TL2017-56
抄録 (和) 省察活動の重要性は現在教育界で広く認識されているが,本来は問題解決の過程として捉えられるべき省察の定義は矮小化され,ただ自分の体験を振り返ることが省察であるように捉えられていることが多い。本研究は,本来の問題解決過程として省察という捉え方に立ち戻り,学生主導の放課後プログラムに参加する学生が自律的に省察に取り組むことを促進するための条件や方法について仮説を提案することを目的としている。 
(英) Importance of reflective activities is acknowledged among educational practitioners, researchers administrators. However, the definition of the reflection is trivialized merely to reflect on one’s experience most cases. The present study stands on the original position that reflection is integrated part of problem solving process. The objective is to hypothesize conditions and methods to facilitate university student tutors to engage in reflective activities autonomously when they participate in a student-led after-school program.
キーワード (和) 省察 / 教員養成 / 参加型アクションリサーチ / 問題解決 / 学生主導の放課後プログラム / / /  
(英) Reflection / Teacher Education / Participatory Action Research / Problem Solving / Student-led After-school Program / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 341, TL2017-56, pp. 69-74, 2017年12月.
資料番号 TL2017-56 
発行日 2017-12-03 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2017-56

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2017-12-10 - 2017-12-10 
開催地(和) 愛媛大学 城北キャンパス 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) テーマ1:教育プログラムの効果を検討するための測定指標 テーマ2:思考と言語一般 
テーマ(英) Theme 1: Measurement of outcomes in the assessment of educational program, Theme 2: Language and Thought 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2017-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 学生の自発的な省察を促すには 
サブタイトル(和) 学生主体の放課後プログラムを事例として 
タイトル(英) Facilitating College Students' Autonomous Reflection 
サブタイトル(英) Case Study of Student-led After-School Program 
キーワード(1)(和/英) 省察 / Reflection  
キーワード(2)(和/英) 教員養成 / Teacher Education  
キーワード(3)(和/英) 参加型アクションリサーチ / Participatory Action Research  
キーワード(4)(和/英) 問題解決 / Problem Solving  
キーワード(5)(和/英) 学生主導の放課後プログラム / Student-led After-school Program  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市本 早香 / Hayaka Ichimoto / イチモト ハヤカ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime U.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 富田 英司 / Eiji Tomida / イチモト ハヤカ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime U.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-12-10 16:40:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 TL 
資料番号 TL2017-56 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.341 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数
発行日 2017-12-03 (TL) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会