お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-19 09:10
【伝搬モデルコンテスト】支配的な到来波の物理的検討に基づく都市環境レイトレーシングデータの伝搬損失特性のモデル化
杉本智哉岩井誠人笹岡秀一同志社大AP2017-161
抄録 (和) 本稿では,仮想の都市環境を想定してレイトレーシングで計算された伝搬損失に対して回帰分析を行うことで,想定環境の伝搬損失特性を簡易推定式としてモデル化する.まず,対象の環境を伝搬メカニズムの異なる領域に分け,それぞれの領域において伝搬損失に対する影響が支配的と考えられる電波経路を同定し,その物理的な伝搬メカニズムから簡易推定式の変数およびそれを用いた関数形を決定する.この関数の係数を,レイトレーシング結果に対する最適化より求め,伝搬損失の簡易推定式を得る. 
(英) In this paper, a propagation loss characteristic in an imaginary urban environment calculated using ray-tracing is modeled as a prediction formula. Firstly, the environment is categorized into several situations classified according to the difference of dominant arriving waves. The variables and their forms in the formula are determined based on physical considerations of dominant arriving waves in each situation. The coefficients of the formula are obtained through optimization based on the propagation loss of ray-tracing data.
キーワード (和) レイトレーシング / 伝搬損失推定式 / 伝搬損失 / セルラ通信環境 / / / /  
(英) Ray-tracing / Prediction formula / Propagation loss / Cellular environment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 382, AP2017-161, pp. 57-62, 2018年1月.
資料番号 AP2017-161 
発行日 2018-01-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2017-161

研究会情報
研究会 AP WPT  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) ATR 
開催地(英) ATR 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-01-AP-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 【伝搬モデルコンテスト】支配的な到来波の物理的検討に基づく都市環境レイトレーシングデータの伝搬損失特性のモデル化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modeling of Propagation Loss of Ray-Tracing Data in an Urban Cellular Environment Based on Physical Considerations of Dominant Arriving Waves 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レイトレーシング / Ray-tracing  
キーワード(2)(和/英) 伝搬損失推定式 / Prediction formula  
キーワード(3)(和/英) 伝搬損失 / Propagation loss  
キーワード(4)(和/英) セルラ通信環境 / Cellular environment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 智哉 / Tomoya Sugimoto / スギモト トモヤ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 誠人 / Hisato Iwai / イワイ ヒサト
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 秀一 / Hideichi Sasaoka / ササオカ ヒデイチ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-01-19 09:10:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2017-161 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.382 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数
発行日 2018-01-11 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会