お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-27 15:35
Consecutive-2-out-of-n: Gシステムの保全方策に関する研究
周 蕾山本久志中村太信肖 霄首都大東京R2018-14
抄録 (和) 既存研究はk-out-of-nシステムに対して2つの保全方策を提案し,単位時間あたりの期待コストを与えた.そして,最適な方策を導出した.本稿では,consecutive-2-out-of-n:Gシステムに注目する.このシステムに対して,平均故障時間と単位時間あたりの期待コストを導出する.更に,単位時間あたりの期待コストを最小にする最適なコンポーネント数と取替時刻を導出する.また,コンポーネント数Nが確率変数である場合における単位時間あたりの期待コストを最小にする二つの保全方策も導出する.そして数値実験にて最適な結果の評価を行う. 
(英) In the existing study, for the k-out-of-n system, two maintenance models were proposed and the expected cost rate under the two models were obtained. Using the result, the optimal policies were derived analytically. This paper considers optimal problems in consecutive-2-out-of-n:G system (Con/2/n:G system) and try to obtain the optimal policies under the existing maintenance models. We first give the mean time to failure (MTTF) and the expected cost rate according to the two models. Then we discuss the optimal number of components and replacement time for the system which minimize the expected cost rate, analytically. Further, when N is a random variable, two maintenance policies are also considered. We conduct numerical experiments and compare the optimal results of the proposed models.
キーワード (和) consecutive-2-out-of-n:G システム / 保全方策 / コンポーネント数 / 取替時刻 / / / /  
(英) consecutive-2-out-of-n:G system / maintenance policies / number of components / replacement time / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 161, R2018-14, pp. 19-24, 2018年7月.
資料番号 R2018-14 
発行日 2018-07-20 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2018-14

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2018-07-27 - 2018-07-27 
開催地(和) ゆめホール知床(北海道斜里郡斜里町本町4番地) 
開催地(英)  
テーマ(和) 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英) Reliability theory, Reliability for communication network, Overall reliability engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2018-07-R 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Consecutive-2-out-of-n: Gシステムの保全方策に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Maintenance Policies for Consecutive-2-out-of-n: G System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) consecutive-2-out-of-n:G システム / consecutive-2-out-of-n:G system  
キーワード(2)(和/英) 保全方策 / maintenance policies  
キーワード(3)(和/英) コンポーネント数 / number of components  
キーワード(4)(和/英) 取替時刻 / replacement time  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 周 蕾 / Lei Zhou / シュウ ライ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 久志 / Hisashi Yamamoto / ヤマモト ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 太信 / Taishin Nakamura / ナカムラ タイシン
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 肖 霄 / Xiao Xiao / シャオ シャオ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-07-27 15:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 R 
資料番号 R2018-14 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.161 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数
発行日 2018-07-20 (R) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会