お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-31 14:20
超音波スペクトロスコピー法による架橋ポリジメチルシロキサン(PDMS)微粒子懸濁液の粘弾性解析
辻 和人則末智久中西英行宮田貴章京都工繊大US2018-36
抄録 (和) 超音波スペクトロスコピー法は、粒子懸濁液中の粒子の弾性率や粒子径分布を非破壊・非接触で定量的に得る手法で、これまで様々な研究が行われている。我々の研究室でもこれまでに、シリカやポリジビニルベンゼン微粒子などの完全弾性体に近い材料を用いて研究を行ってきた。その一方で、ゴムやエラストマーのような粘弾性体についての微粒子の粘弾性解析の研究は見受けられない。粘弾性体の力学特性やペーストのレオロジー特性はよく研究されている一方、液中に分散した粒子1個の力学特性の研究例は少なく、化粧品、スラリーなどの応用を検討する上で、サイズ、分散状態と併せて重要な検討項目と言える。
そこで、本研究では従来の純粋な弾性モデルとは異なる新しい粘弾性散乱解析を提案する。試料として架橋ポリジメチルシロキサン(PDMS)粒子を作製し、粒子内の局所の粘弾性評価を試みた。 
(英) Ultrasonic transmission spectroscopy is a nondestructive and non-contacting technique to evaluate the elasticity of particles dispersed in liquid. So far, a good agreement between the experiments and ultrasonic scattering theories was confirmed for polystyrene particles and its derivatives. However, beside the success in the elastic particle as well as the liquid droplets, the viscoelasticity of particles were not examined so far. In this study, crosslinked polydimethylsiloxane particles were synthesized. Then, the viscoelasticity of the particles in suspension were determined by a novel viscoelastic ECAH analysis.
キーワード (和) 超音波 / 懸濁液 / 粘弾性 / / / / /  
(英) Ultrasonic / Suspension / Viscoelasticity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 167, US2018-36, pp. 27-30, 2018年7月.
資料番号 US2018-36 
発行日 2018-07-24 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2018-36

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2018-07-31 - 2018-07-31 
開催地(和) 京都工繊大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 物性、一般 (共催:日本レオロジー学会ナノオロジー研究会、日本音響学会音響化学研究会) 
テーマ(英) Kyoto Institute of Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-07-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波スペクトロスコピー法による架橋ポリジメチルシロキサン(PDMS)微粒子懸濁液の粘弾性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Viscoelasticity of Crosslinked Polydimethylsiloxane (PDMS) Particles in Suspension Probed by Ultrasonic Spectroscopy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波 / Ultrasonic  
キーワード(2)(和/英) 懸濁液 / Suspension  
キーワード(3)(和/英) 粘弾性 / Viscoelasticity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 和人 / Kazuto Tsuji / ツジ カズト
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 則末 智久 / Tomohisa Norisuye / ノリスエ トモヒサ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 英行 / Hideyuki Nakanishi / ナカニシ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 貴章 / Qui Tran-Cong-Miyata / ミヤタ タカアキ
第4著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-07-31 14:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 US 
資料番号 US2018-36 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.167 
ページ範囲 pp.27-30 
ページ数
発行日 2018-07-24 (US) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会