お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-30 13:00
ゼロ挿入補間干渉抑圧法を適用したFMCWレーダにおける検出誤り発生メカニズムと閾値設計に関する検討
小林遼爾高谷信幸武田茂樹梅比良正弘茨城大)・黒田浩司日立オートモティブシステムズITS2018-6
抄録 (和) 近年、自動運転や運転手の運転操作を支援するシステムADAS(Advanced Driver-Assistance Systems)の研究が進んでいる。ADASでは道路状況をとらえるための目や耳が必要であり、その目としてミリ波レーダが使用されることが多い。そのため、ミリ波レーダを多数搭載した車が普及することが考えられる。自動運転車やADASを搭載した車の増加に伴い、FMCW (Frequency Modulated Continuous Wave) レーダ同士の干渉が問題となる。レーダ間で干渉が生じると、SNR(Signal to Noise Ratio)が劣化し検出精度の低下が問題となる。本稿では時間領域信号に閾値を設けてその閾値を超えた場合、値ゼロを代入することで干渉の除去を行うゼロ挿入補間法において、検出誤りが発生するメカニズムを明らかにすると共に、干渉除去閾値やターゲット検出閾値の設計指針を計算機シミュレーションにより干渉数の多い環境を想定して検討した。 
(英) Recent years, studies of automatic driving technology and ADAS (Advanced Driver-Assistance Systems) which supports driver's driving operation have been progressing. ADAS requires eyes and ears to capture road conditions, and millimeter-wave radars are often used as the eyes. Therefore it is conceivable that the car which is equipped with many millimeter-wave radars become popular. Along with an increase in the cars equipped with automatic driving and ADAS technologies, interferences between radars come into question. If the interferences between radars occur, SNR (Signal to Noise Ratio) deteriorates, and the detection accuracy also deteriorates. In this paper, in the zero-padding method which removes the interferences by setting a threshold value for the time domain signals which exceed threshold value, we clarify the mechanism of detection errors. According to the clarified mechanism, a target detection threshold design guideline is studied by computer simulation assuming environment with a large number of interferences.
キーワード (和) ミリ波レーダ / FMCW / 干渉波 / ゼロ挿入 / しきい値 / / /  
(英) millimeter-wave radar / FMCW / Interference / Zero padding / Threshold level / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 200, ITS2018-6, pp. 1-6, 2018年8月.
資料番号 ITS2018-6 
発行日 2018-08-23 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2018-6

研究会情報
研究会 ITS IPSJ-ITS IEE-ITS  
開催期間 2018-08-30 - 2018-08-31 
開催地(和) 神奈川工科大学 
開催地(英) Kanagawa Institute of Technology 
テーマ(和) 交通における計測,一般 
テーマ(英) Traffic Measurement, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2018-08-ITS-ITS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ゼロ挿入補間干渉抑圧法を適用したFMCWレーダにおける検出誤り発生メカニズムと閾値設計に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation on threshold level for inter-radar interference suppression techniques with zero-padding for automotive millimeter-wave FMCW radars 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波レーダ / millimeter-wave radar  
キーワード(2)(和/英) FMCW / FMCW  
キーワード(3)(和/英) 干渉波 / Interference  
キーワード(4)(和/英) ゼロ挿入 / Zero padding  
キーワード(5)(和/英) しきい値 / Threshold level  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 遼爾 / Ryoji Kobayashi / コバヤシ リョウジ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 信幸 / Nobuyuki Takaya / タカヤ ノブユキ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 茂樹 / Shigeki Takeda / タケダ シゲキ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅比良 正弘 / Masahiro Umehira / ウメヒラ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 浩司 / Hiroshi Kuroda / クロダ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 日立オートモティブシステム株式会社 (略称: 日立オートモティブシステムズ)
Hitachi Automotive Systems Ltd. (略称: Hitachi AMS Ltd.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-08-30 13:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ITS 
資料番号 ITS2018-6 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.200 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2018-08-23 (ITS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会