お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-06 15:20
道路インフラ維持のための電動自転車を活用したモバイルセンシングシステムの開発
金井謙治山本健人村山知輝和田直己竹内 健甲藤二郎早大CS2019-61
抄録 (和) 本稿では,道路インフラ維持のための電動自転車を活用したモバイルセンシングシステムについて紹介する.本システムでは,電動自転車に設置されたスマートフォンのカメラ,2DLiDAR,各種センサを利用することで,主に,路面性状検知,路面の段差検知,人物の混雑度推定を実現するものである.フィールド実験による予備評価を通して,プロトタイプ実装した路面性状検知アプリのデータ収集状況,2DLiDARを利用した路面の段差検知評価,360度画像を利用した人物検知評価について説明する. 
(英) In this paper, we introduce a mobile sensing system using e-Bike for road infrastructure maintenance. We install a camera embedded a smartphone, 2DLiDAR, accelerometer and gyro sensors, and some environmental sensors, including temperature and humidity sensors to e-Bike. In the proposed system, by using the sensor-mounted e-Bike, we detect road damages, such as cracks, bumps and roughness, and pedestrian congestion. Through the preliminary field experiments, we demonstrate status of data collection by using prototype road damage detection application and evaluate accuracy of road bump detection by using 2DLiDAR and accuracy of pedestrian congestion by using 360-degree images.
キーワード (和) モバイルセンシング / 電動自転車 / 道路インフラ維持 / 路面性状検知 / / / /  
(英) Mobile sensing / e-Bike / Road infrastructure maintenance / Road damage detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 196, CS2019-61, pp. 75-80, 2019年9月.
資料番号 CS2019-61 
発行日 2019-08-29 (CS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2019-61

研究会情報
研究会 NS IN CS NV  
開催期間 2019-09-05 - 2019-09-06 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku Univ. 
テーマ(和) セッション管理(SIP・IMS),相互接続技術/標準化,次世代・新世代・将来ネットワーク,クラウド/データセンタネットワーク,SDN(OpenFlow等)・NFV,IPv6,機械学習のネットワーク適用,一般
注:NV研究会は発表申込み締切日が異なります。NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Session management (SIP/IMS), Interoperability/Standardization, NGN/NwGN/Future networks, Cloud/Data center networks, SDN (OpenFlow, etc.)/NFV, IPv6, Machine learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2019-09-NS-IN-CS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 道路インフラ維持のための電動自転車を活用したモバイルセンシングシステムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research and Development of Mobile Sensing System using e-Bike for Road Infrastructure Maintenance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルセンシング / Mobile sensing  
キーワード(2)(和/英) 電動自転車 / e-Bike  
キーワード(3)(和/英) 道路インフラ維持 / Road infrastructure maintenance  
キーワード(4)(和/英) 路面性状検知 / Road damage detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 健人 / Kento Yamamoto / ヤマモト ケント
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 知輝 / Kazuki Murayama / ムラヤマ カズキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 直己 / Naoki Wada / ワダ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 健 / Masaru Takeuchi / タケウチ マサル
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-09-06 15:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CS 
資料番号 CS2019-61 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.196 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数
発行日 2019-08-29 (CS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会