お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-11 16:45
多次元自己回帰係数を用いた光駆動反応による生体認証
秋山翔平山形大)・島田尊正東京電機大)・深見忠典山形大MBE2019-37 NC2019-28
抄録 (和) 近年,指紋や静脈といった様々な生体認証が普及している.しかしそれらには,一度パスワードとな る特徴が流出すると,認証に用いる生体特徴を変更できない等の問題が存在する.本研究では,一定間隔で視覚刺激 を人間に呈示した際に生じる光駆動反応脳波を用いた生体認証手法を提案する.光駆動反応脳波を生体特徴として 用いた場合,特徴が流出した場合でも,与える視覚刺激の周波数など,刺激特性を変えることで, 認証に用いる生 体特徴を変更できる.また,光駆動反応脳波の定常性に基づき,自己回帰モデルを適用することにより得られた自 己回帰係数を特徴量として個人認証を行った.被験者 15 名に対して,92.8%の認証率が得られた. 
(英) In recent years, various biometrics such as fingerprints and veins have become widespread. However, there is a problem that the biometric feature cannot be changed even if the feature as a password is leaked. In this study, we propose a biometric authentication method using photic driving response generated when visual stimuli are presented to subjects at regular intervals. Using photic driving response as biological features, we can change the biological features by changing characteristics of the visual stimulus such as the interval. The repetitive stimuli generate stationary waveform. We therefore applied a multivariate autoregressive model to photic drive responses because of the stationarity. Here, autoregressive coefficients were used as features for authentication. As a result, the maximum certification rate showed 92.8% for 15 registered subjects.
キーワード (和) 生体認証 / 光駆動反応 / 脳波 / 多次元自己回帰係数 / / / /  
(英) biometric authentication / photic driving response / electroencephalography / multivariate autoregressive coefficients / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 224, MBE2019-37, pp. 41-44, 2019年10月.
資料番号 MBE2019-37 
発行日 2019-10-04 (MBE, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2019-37 NC2019-28

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2019-10-11 - 2019-10-12 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英)  
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺,ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-10-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多次元自己回帰係数を用いた光駆動反応による生体認証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Biometric Authentication Using Multivariate Autoregressive Coefficients for Photic Driving Response 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 生体認証 / biometric authentication  
キーワード(2)(和/英) 光駆動反応 / photic driving response  
キーワード(3)(和/英) 脳波 / electroencephalography  
キーワード(4)(和/英) 多次元自己回帰係数 / multivariate autoregressive coefficients  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋山 翔平 / Akiyama Shohei / アキヤマ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 尊正 / Takamasa Shimada / シマダ タカマサ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 深見 忠典 / Tadaniri Fukami / フカミ タダノリ
第3著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-10-11 16:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MBE 
資料番号 MBE2019-37, NC2019-28 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.224(MBE), no.225(NC) 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数
発行日 2019-10-04 (MBE, NC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会