お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-17 12:30
[ポスター講演]機械学習を用いた受信電力に基づく到来波数推定
納庄尭大立神光洋長谷川達人藤元美俊福井大AP2019-85
抄録 (和) 従来のアレーアンテナを用いて電波の到来方向や到来波数を推定する手法として,MUSICやAIC, MDLなどが挙げられる.これらの手法では各アンテナ素子における受信信号の振幅および位相からなる複素受信ベクトルを用いる.そのため,アンテナ素子それぞれの出力に対して振幅や位相を測定する装置が必要となる.また機械学習を用いて到来方向推定や電波伝搬測定などで使用されるアンテナの素子構成を簡易化することが期待されている.
本稿では,従来の到来方向推定や到来波数推定で用いられてきたアンテナ構成より簡単な回路構成で得られる受信電力を入力データとし,さらに機械学習を用いて到来波数を推定する手法を提案している.また,推定精度に対する各パラメータの影響を明らかにしている. 
(英) MUSIC, AIC, MDL, etc. are examined as conventional methods for estimating the direction of arrival and the number of signals using array antenna. In these methods, complex reception vectors are used, which is composed of the amplitude and phase of the received signal at each antenna element. Therefore, components for measuring the amplitude and phase for each antenna element are required. In addition, it is expected to simplify the element configuration of antennas used in directions of arrival estimation and radio wave propagation measurement using machine learning.
In this paper, we propose a method for estimating the number of incoming waves using machine learning as input data with the received power. In the proposed method, simpler circuits configuration can be used than the antenna configuration used in the conventional direction-of-arrival estimation and arrival signal number estimation. The influence of each parameter on the estimation accuracy is clarified.
キーワード (和) 機械学習 / 到来波数推定 / 受信電力 / ニューラルネットワーク / / / /  
(英) Machine Learning / Estimation of Arrival Signal Number / Received Power / Neural Network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 228, AP2019-85, pp. 29-32, 2019年10月.
資料番号 AP2019-85 
発行日 2019-10-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-85

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2019-10-17 - 2019-10-18 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) 学生特集, 一般 
テーマ(英) Student Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機械学習を用いた受信電力に基づく到来波数推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of Arrival Signal Number Based on Received Power Using Machine Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(2)(和/英) 到来波数推定 / Estimation of Arrival Signal Number  
キーワード(3)(和/英) 受信電力 / Received Power  
キーワード(4)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural Network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 納庄 尭大 / Takahiro Nosho / ノウショウ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 立神 光洋 / Koyo Tategami / タテガミ コウヨウ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 達人 / Tatsuhito Hasegawa / ハセガワ タツヒト
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモト ミトシ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-17 12:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2019-85 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.228 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数
発行日 2019-10-10 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会