お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-20 13:10
大規模MIMOにおけるノード選択付き近似メッセージ伝搬法による信号検出
辻本若葉西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎北大RCS2019-210
抄録 (和) 圧縮センシングの分野で提案された近似メッセージ伝搬法 (AMP) は大規模MIMOシステムにおける受信信号検出に用いることが可能であり,低演算量で良好な検出特性が得られることが知られている.しかし,空間相関がある伝搬路モデルの場合には信号検出特性が大幅に劣化する.本稿では,送信側と受信側において相関の高い隣接ノードを逐次的に更新するノード選択法を近似メッセージ伝搬法へ適用することを提案する.AMPアルゴリズム中の更新式において,ノード選択を行う際には観測率に係数を乗算する必要があることを示し,その最適な係数を検討する.その結果,空間相関がある場合においても適切な選択ノード間隔と係数を用いてノード選択を適用することで検出特性が大きく改善することがわかった. 
(英) Approximate message passing (AMP), originally proposed in the field of compressed sensing, is applicable to detection of received signals in a massive MIMO system, and it has been reported that good detection performance can be obtained with a low computation complexity. However, in the case of a channel model with spatial correlation, the detection performance is greatly degraded. In this paper, we propose to apply the node selection method to the AMP algorithm that sequentially updates adjacent nodes with high correlation on the transmitting and/or receiving sides. In addition, in the update formula in the AMP algorithm, we show that it is necessary to multiply the observation rate by a certain coefficient when selecting a node, and consider the optimal coefficient. The simulation results show that the detection performance is greatly improved by applying node selection even when there is a spatial correlation.
キーワード (和) MIMO / 近似メッセージ伝搬法 / 空間相関 / ノード選択 / / / /  
(英) MIMO / Approximate Message Passing / Spatial Correlation / Node Selection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 296, RCS2019-210, pp. 43-47, 2019年11月.
資料番号 RCS2019-210 
発行日 2019-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-210

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2019-11-20 - 2019-11-22 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga Univ. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模MIMOにおけるノード選択付き近似メッセージ伝搬法による信号検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Signal detection using Approximate Message Passing with node selection in Massive MIMO System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 近似メッセージ伝搬法 / Approximate Message Passing  
キーワード(3)(和/英) 空間相関 / Spatial Correlation  
キーワード(4)(和/英) ノード選択 / Node Selection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻本 若葉 / Wakaba Tsujimoto / ツジモト ワカバ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 淳一郎 / Junichiro Hagiwara / ハギワラ ジュンイチロウ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-11-20 13:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2019-210 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.296 
ページ範囲 pp.43-47 
ページ数
発行日 2019-11-13 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会