お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-28 16:00
機能安全規格準拠のソフトウェア開発の現状と問題点
藤原隆次SRATECH Lab)・井上真二関西大R2019-48
抄録 (和) 機能安全規格を適用したソフトウェア開発において,安全要求に対する実装の正確性,有効性,妥当性等を確証するために実施要求のある確証方策に費やす工数が開発規模に比例して膨大の一途を辿っており,間接的にソフトウェアの開発工数を圧迫している状態である.そこで,機能安全規格準拠のソフトウェア開発の問題点に対して,各社での対応策を紹介しつつ,その有効性及び効果について実務上の問題提起を行う. 
(英) In software development implemented the functional safety standards, the development effort for conforming enforcement requirements increases in proportion to the development scale in order to confirm the accuracy, efficiency, validity, and so on of implementation of the safety requirements. And this situation strains the software development effort indirectly. We discuss present situation and practical issues on software development implemented the functional safety standards, and introduce the countermeasures and their effectiveness in several companies.
キーワード (和) 機能安全規格 / ソフトウェア開発 / 確証方策 / 安全関連設計 / / / /  
(英) Functional safety standards / Software development / Confirmation measures / Safety-related design / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 315, R2019-48, pp. 29-34, 2019年11月.
資料番号 R2019-48 
発行日 2019-11-21 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2019-48

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2019-11-28 - 2019-11-28 
開催地(和) 中央電気倶楽部 
開催地(英) Central Electric Club 
テーマ(和) 半導体と電子デバイスの信頼性、信頼性一般 
テーマ(英) Reliability of semiconductor and electronic devices, Reliability general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2019-11-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機能安全規格準拠のソフトウェア開発の現状と問題点 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Present Situation and Practical Issues on Functional Safety Software Development 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機能安全規格 / Functional safety standards  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア開発 / Software development  
キーワード(3)(和/英) 確証方策 / Confirmation measures  
キーワード(4)(和/英) 安全関連設計 / Safety-related design  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 隆次 / Takaji Fujiwara / フジワラ タカジ
第1著者 所属(和/英) SRATECH Lab 株式会社 (略称: SRATECH Lab)
SRATECH Laboratory Inc. (略称: SRATECH Lab)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真二 / Shinji Inoue / イノウエ シンジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-11-28 16:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 R 
資料番号 R2019-48 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.315 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数
発行日 2019-11-21 (R) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会