お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-22 10:30
[ポスター講演]サブナノ秒ポンプ・プローブ法を用いたSPRセンサの過渡応答の観測 ~ センサ表面における結合媒質の影響 ~
福永拓未市橋隼人上野翔矢松川真美同志社大US2019-79 EA2019-92
抄録 (和) 表面プラズモン共鳴(Surface Plasmon Resonance:SPR)を利用したSPRセンサは,広帯域で高周波数の音波を検出できるセンサとして機能することが知られている.SPRセンサの設計には,弾性や温度変化に対する光学特性の応答を理解することが重要である.本報告では,Kretschmann 型SPRセンサを作製し,サブナノ秒ポンプ・プローブ法によって熱弾性過渡応力に対する光学応答を観測した. 特に,SPRセンサ表面の結合媒質が空気と水の場合における過渡応答を比較・検討した. 
(英) The surface plasmon resonance (SPR) sensor is known to act as an ultrasound sensor which can detect acoustic wave in the wide and high frequency range. For designing the SPR sensor, it is important to understand the response of optical properties to the elastic and thermal changes. In this study, we have fabricated a Kretschmann type SPR sensor and have observed its optical response to thermoelastic transient stress by a sub-nanosecond pump-probe technique. In particular, we compared and examined the transient responses of the SPR sensor with the coupling medium of air or water.
キーワード (和) 表面プラズモン共鳴 / SPRセンサ / ポンプ・プローブ法 / / / / /  
(英) Surface plasmon resonance / SPR sensor / Pump-probe technique / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 374, US2019-79, pp. 53-56, 2020年1月.
資料番号 US2019-79 
発行日 2020-01-15 (US, EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2019-79 EA2019-92

研究会情報
研究会 EA US  
開催期間 2020-01-22 - 2020-01-23 
開催地(和) 同志社大学 
開催地(英) Doshisha Univ. 
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会>応用/電気音響,超音波,一般(共催:同志社大学超音波応用科学研究センター) 
テーマ(英) [Joint Meeting on Acoustics and Ultrasonics Subsociety] Engineering/Electro Acoustics, Ultrasonics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2020-01-EA-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サブナノ秒ポンプ・プローブ法を用いたSPRセンサの過渡応答の観測 
サブタイトル(和) センサ表面における結合媒質の影響 
タイトル(英) Transient responses of the SPR sensor observed by the sub-nanosecond pump-probe technique 
サブタイトル(英) Effects of the surface coupling medium on the SPR sensor 
キーワード(1)(和/英) 表面プラズモン共鳴 / Surface plasmon resonance  
キーワード(2)(和/英) SPRセンサ / SPR sensor  
キーワード(3)(和/英) ポンプ・プローブ法 / Pump-probe technique  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福永 拓未 / Takumi Fukunaga / フクナガ タクミ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 市橋 隼人 / Hayato Ichihashi / イチハシ ハヤト
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 翔矢 / Shoya Ueno / ウエノ ショウヤ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 真美 / Mami Matsukawa / マツカワ マミ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-01-22 10:30:00 
発表時間 120分 
申込先研究会 US 
資料番号 US2019-79, EA2019-92 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.374(US), no.375(EA) 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数
発行日 2020-01-15 (US, EA) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会