お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-19 10:25
ミスマッチドフィルタ受信によるOFDM通信・レーダ統合システムの基本検討
渡部颯人阿部友希山尾 泰電通大SANE2019-98
抄録 (和) 無線通信とレーダセンシングを同時に行う無線通信・レーダ統合システムに関する研究が行われており,その一つにOFDM による通信・レーダ統合システムがある.このシステムではOFDM 信号波形を利用し,マッチドフィルタ(MF)検波による距離推定を行うことでレーダセンシングが実現可能なことが知られている.しかしMF検波ではレーダレンジサイドローブが高く,レーダ反射断面積の小さな物体がレーダ反射断面積の大きな物体付近にある場合,検出が困難になるという問題がある.本稿では,OFDM による通信・レーダ統合システムにおいて,レンジサイドローブを抑圧するためにミスマッチドフィルタ(MMF)検波を利用することを提案し,基本検討を行った.提案システムで5Gの無線諸元を用いた場合,45dB程度のピーク対サイドローブ比および40 cmの分解能がレーダ性能として得られることを計算機シミュレーションによって確認した. 
(英) Recently, a communication-radar integrated system which can perform a wireless communications and a radar sensing at the same time has been studied. One of the systems is the system using an OFDM signal. Several studies have reported that the system can perform a radar sensing by using a matched filter (MF) reception. However, a radar range sidelobe with a matched filter reception is high. In this paper, we propose a mismatched filter (MMF) reception scheme to reduce the sidelobe level of the OFDM-based communication-radar integrated system. A fundamental study on the proposed system is done and simulations are conducted to verify the radar performance. The simulation results employing wireless specification of 5G show that the proposed system can achieve a peak-to-sidelobe ratio of around 45dB in range pulse and a resolution of 40cm.
キーワード (和) 無線通信・レーダ統合システム / レーダ / レンジサイドローブ / ミスマッチドフィルタ / OFDM / / /  
(英) Communication-Radar Integration / Radar / Range Sidelobe / Mismatched Filter / OFDM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 416, SANE2019-98, pp. 7-12, 2020年2月.
資料番号 SANE2019-98 
発行日 2020-02-12 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2019-98

研究会情報
研究会 SAT SANE  
開催期間 2020-02-19 - 2020-02-20 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣市) 
開催地(英)  
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2020-02-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミスマッチドフィルタ受信によるOFDM通信・レーダ統合システムの基本検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental Study on Communication-Radar Integrated System Using OFDM Signal and Mismatched Filter Reception 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線通信・レーダ統合システム / Communication-Radar Integration  
キーワード(2)(和/英) レーダ / Radar  
キーワード(3)(和/英) レンジサイドローブ / Range Sidelobe  
キーワード(4)(和/英) ミスマッチドフィルタ / Mismatched Filter  
キーワード(5)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 颯人 / Hayato Watabe / ワタベ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 友希 / Tomoki Abe / アベ トモキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山尾 泰 / Yasushi Yamao / ヤマオ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-02-19 10:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SANE 
資料番号 SANE2019-98 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.416 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数
発行日 2020-02-12 (SANE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会