お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-26 11:35
マルチサイクルテストにおける故障検出強化のためのテストポイント挿入法
青野智己中岡典弘周 細紅王 森レイ樋上喜信高橋 寛愛媛大)・岩田浩幸前田洋一松嶋 潤ルネサス エレクトロニクスDC2019-89
抄録 (和) 車載システムの機能安全を保障するためには,システムの起動時に回路を検査するパワーオンセルフテスト(POST)が必要である.POSTでは,厳しいテスト時間制約の下で機能安全基準を満たす故障検出率を達成しなければならない.本稿では,マルチサイクルテストを用いたPOSTのテスト時間短縮および故障検出率向上のために,マルチサイクルテストに適したテストポイント挿入法を提案する.提案法は,マルチサイクルに時間展開した論理回路のテスタビリティを考慮してテストポイントの挿入箇所を選定する.提案法をベンチマーク回路に適用した評価実験によって提案法の効果を評価する. 
(英) For guaranteeing the functional safety of an in-vehicle system, a power-on self-test (POST) is required to test the devices of system with high fault coverage (e.g.: >90% for stuck-at faults) and within extremely limited test application time TAT (e.g.: <50ms) at the system startup. Multi-cycle test looks promising a way to satisfy these requirements of POST, however, faces a challenge of fault detection degradation (FDD) problem that would obstruct the further test reduction of multi-cycle test. This paper propose a test point insertion approach to address such problem for improving the testability of CUT (circuit under test) in multi-cycle test scheme. In the proposed approach, we also proposed the selection algorithm to determine the most effective location for test point insertion in consideration of the testability of the time-expanded logic circuit under multi-cycle test. We show the effectiveness of the proposed method by an evaluation experiments on benchmark circuits.
キーワード (和) POST / LBIST / マルチサイクルテスト / 機能安全規格 / ISO26262 / / /  
(英) POST / LBIST / Multi-cycle Test / Functional Safety / ISO26262 / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 420, DC2019-89, pp. 19-24, 2020年2月.
資料番号 DC2019-89 
発行日 2020-02-19 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2019-89

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2020-02-26 - 2020-02-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) VLSI設計とテストおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2020-02-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチサイクルテストにおける故障検出強化のためのテストポイント挿入法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Method for Inserting Fault-Detection-Strengthened Test Point under Multi-cycle Testing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) POST / POST  
キーワード(2)(和/英) LBIST / LBIST  
キーワード(3)(和/英) マルチサイクルテスト / Multi-cycle Test  
キーワード(4)(和/英) 機能安全規格 / Functional Safety  
キーワード(5)(和/英) ISO26262 / ISO26262  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青野 智己 / Tomoki Aono / アオノ トモキ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime Univercity (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中岡 典弘 / Norihiro Nakaoka / ナカオカ ノリヒロ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime Univercity (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 周 細紅 / Shyu Saikou / シュウ サイコウ
第3著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime Univercity (略称: Ehime Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 森レイ / Wang Senling / オウ シンレイ
第4著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime Univercity (略称: Ehime Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋上 喜信 / Higami Yoshinobu / ヒガミ ヨシノブ
第5著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime Univercity (略称: Ehime Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 寛 / Hiroshi Takahashi / タカハシ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime Univercity (略称: Ehime Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 浩幸 / Hiroyuki Iwata / イワタ ヒロユキ
第7著者 所属(和/英) ルネサス エレクトロニクス株式会社 (略称: ルネサス エレクトロニクス)
Renesas Electronics Corporation (略称: Renesas)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 洋一 / Youichi Maeda / マエダ ヨウイチ
第8著者 所属(和/英) ルネサス エレクトロニクス株式会社 (略称: ルネサス エレクトロニクス)
Renesas Electronics Corporation (略称: Renesas)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 潤 / Jun Matsushima / マツシマ ジュン
第9著者 所属(和/英) ルネサス エレクトロニクス株式会社 (略称: ルネサス エレクトロニクス)
Renesas Electronics Corporation (略称: Renesas)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-02-26 11:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 DC 
資料番号 DC2019-89 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.420 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数
発行日 2020-02-19 (DC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会