お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-04 09:40
無線LANチャネルの狭帯域化による製造現場内の無線通信品質の改善
大堀文子板谷聡子大須賀 徹中島健智丸橋建一児島史秀NICTRCS2019-342
抄録 (和) 製造現場ではIoT端末を用いた生産性向上への期待が高まっており,無線システムの導入が増加傾向にある.しかし,無線端末の増加は,パケット衝突や通信遅延の増大などの通信品質が低下すると考えられるため,意図しない生産性の低下リスクを事前に抑制するために,無線システムの導入検討の際に過剰な制約条件が課せられることがあり課題となっている.本稿では,この課題に対し,周波数を狭帯域に細分化し無線端末に必要最低限の帯域を割り当てることにより通信品質の悪化を防ぐ手法をネットワークシミュレーション上に再現し,稼働中の工場内の生産性を低下させないために課せられる制約条件の緩和を確認したので報告する. 
(英) IoT devices receive a lot of attention at factory sites and devices with wireless communications tend to increase. However, there is a problem that over-constraints are imposed to control the risk of inappropriate production decline in advance because it is considered that the increase in the number of wireless terminals causes packet collision, communication delay, and as a result, communication quality deteriorates. In order to solve this problem, this paper realized the method to prevent communication quality degradation by subdividing one channel into narrow channels in network simulation. We confirmed the effect of over-constraints imposed to prevent the risk of inappropriate production decline has been reduced.
キーワード (和) Factory IoT / Flexible Factory / 生産性 / 無線LAN / 通信品質 / 計算機シミュレーション / /  
(英) Factory IoT / Flexible Factory / Productivity / Wireless LAN / Communication Quality / Computer Simulation / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 448, RCS2019-342, pp. 123-128, 2020年3月.
資料番号 RCS2019-342 
発行日 2020-02-26 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-342

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2020-03-04 - 2020-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANチャネルの狭帯域化による製造現場内の無線通信品質の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Communication Performance in the Manufacturing Field by Subdividing One Channel of Wireless LAN into Narrow Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Factory IoT / Factory IoT  
キーワード(2)(和/英) Flexible Factory / Flexible Factory  
キーワード(3)(和/英) 生産性 / Productivity  
キーワード(4)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(5)(和/英) 通信品質 / Communication Quality  
キーワード(6)(和/英) 計算機シミュレーション / Computer Simulation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大堀 文子 / Fumiko Ohori / オオホリ フミコ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 板谷 聡子 / Satoko Itaya / イタヤ サトコ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大須賀 徹 / Toru Osuga / オオスガ トオル
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 健智 / Taketoshi Nakajima / ナカジマ タケトシ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸橋 建一 / Kenichi Maruhashi / マルハシ ケンイチ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 児島 史秀 / Fumihide Kojima / コジマ フミヒデ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-04 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2019-342 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数
発行日 2020-02-26 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会