お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-16 14:15
焦電型赤外線センサを用いた近接情報利用型位置推定実験
白木詩乃大橋優人上原拓大塩田茂雄千葉大CQ2020-25
抄録 (和) 取得された位置が不明なセンシングデータから環境認識が可能であることを示すため,位置情報非付与型センシングデータに基づく焦電型赤外線センサを用いた近接情報利用型位置推定実験を行った.複数のセンサは検知範囲内で動く人を検知し,自身の識別子のみを親機に送信する.このときセンサの位置情報は送信されない.取得されたセンサの識別子から近接情報利用型位置推定技術を用いて,監視領域を通過中の人の情報を得る手法を考察し,さらに実機を用いた近接情報利用型位置推定実験により有効性を示す. 
(英) We have conducted experiments on proximity-based localization based on non-geotagged sensor data using PIR (Passive Infrared Ray) motion sensors . The purpose of this study is to show that environment sensing is possible from non-geotagged data using the developed system. Each sensor transmits non-geotagged data to the parent device when it detects a person within the detection area. We considered a method to obtain information about a person passing through the observation area by using proximity-based localization method from the non–geotagged data. In addition, we show the effectiveness of the environment sensing through experiments using the real device.
キーワード (和) 焦電型赤外線センサ / 位置情報 / 位置推定 / 環境センシング / 非線形最適化 / / /  
(英) PIR sensor / geotagged / lozalization / environment sensing / non-linear optimization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 108, CQ2020-25, pp. 19-24, 2020年7月.
資料番号 CQ2020-25 
発行日 2020-07-09 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2020-25

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2020-07-16 - 2020-07-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) QoEとQoSの評価・計測・制御,ネットワーク制御・管理,IoT,一般 
テーマ(英) QoE and QoS Evaluation/Measurement/Control, Network Contorol/Management, IoT, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2020-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 焦電型赤外線センサを用いた近接情報利用型位置推定実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experiments on Proximity-based Localization using PIR Sensors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 焦電型赤外線センサ / PIR sensor  
キーワード(2)(和/英) 位置情報 / geotagged  
キーワード(3)(和/英) 位置推定 / lozalization  
キーワード(4)(和/英) 環境センシング / environment sensing  
キーワード(5)(和/英) 非線形最適化 / non-linear optimization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白木 詩乃 / Shino Shiraki / シラキ シノ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 優人 / Yuto Ohashi / オオハシ ユウト
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 拓大 / Takuhiro Uehara / ウエハラ タクヒロ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 茂雄 / Shigeo Shioda / シオダ シゲオ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-07-16 14:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CQ 
資料番号 CQ2020-25 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.108 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数
発行日 2020-07-09 (CQ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会